ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEイベントMHI WINTER INTERNSHIP 2018参加者の声

世界を変えるものづくり。 未知を楽しめ。未来に挑め。 MHI WINTER INTERNSHIP 2018

参加者の声

VOICE

三菱重工グループのインターンシップを評価すると?

VOICE

インターンシップに参加して感じたこと、勉強になった点を教えてください。

工場見学など、限られた日程の中で非常に多くの企画が練られており、会社のイメージや事業内容を掴む上で貴重な体験をさせていただきました。大学で研究している内容と全く違う業務に参加させていただきましたが、インターンシップ中は指導員の方はもちろん配属先の課内の皆様が熱心に指導や手助けをして下さり、自分の知識を深めることができました。

研究者としての仕事のフロー(文献調査、試験結果の予測、試験、試験結果の検討)を一通り経験させていただきました。そのため、自分が研究職で働くイメージが鮮明に思い描けるようになり、非常に良い経験になったと思います。また、大学での研究とは違い、試験一つするにも多くの人と協力しながら行うということも実感できました。

大学の研究とは異なり、新規材料の開発や性能向上だけでなく、コストや利益を追求しながら取り組む研究開発に非常にやりがいを感じました。安全に対する認識も強く、改めて研究開発における安全の重要性を学ぶことができました。実際の現場に行って調査を行うなど、研究以外にもあらゆる形で社会貢献に直結していることは大変興味深く、このように実際のものづくりが社会にどう関わっているのかを実感することができ、非常に有意義な体験でした。

実習では、現状のものづくりに触れるだけではなく最新技術導入の初歩に関する試験に参加させていただき、すばらしい体験ができた。また、地道な調査や研究の大切さも学ぶことができた。本実習を通して技術導入の際には地道な実証試験が行われており、こうしたエンジニアの不断の努力が事業開発を支えているということが分かった。

説明会ではわからない、会社での過ごし方や部署の雰囲気を知ることが出来て有意義だと思いました。 重工系の会社での電気系の仕事がどういうものなのか知ることが出来て、来年からの就職活動での視野が広がったと感じました。 様々な年代の社員の方と懇談する機会をいただき,三菱重工グループで働くことの具体的なイメージも掴むことができたと感じています。

インターンシップでは自分の専攻とは全く異なる原子炉容器の設計をやらせて頂き、そこでとても良い経験をすることができました。専攻している学科にとらわれず、視野を広く持つことで、重工業界の大きいモノの設計やエネルギー開発に興味を持つことができたのはこの体験ができたからだと感じています。

実習中、活気に溢れた職場で事細かな意思疎通が行われる中、安全確認を大切にして業務が行われていることに気付きました。社員の方々に丁寧にご指導していただき、三菱重工グループの製品及び生産管理職への興味がますます高まりました。

まず、社員の方々と同じ部屋、同じ机で作業ができたこと。「実際に働いているイメージ」がとてもリアルになり、職場の雰囲気を存分に感じることができました。

日本国内のみならず海外を視野に入れた研究・開発を行っており、三菱重工グループがグローバルな企業であることを再認識できました。また、社員一人ひとりが自分の業務に誇りを持っていると感じることができ、私もそのように仕事に向き合っていきたいと思いました。

VOICE

インターンシップ参加前と参加後の三菱重工グループの印象は?
参加前
参加後
歴史のある大企業ということもあり、実習を受ける前の三菱重工グループの印象は、とても堅く真面目な企業だろうと思っていました。 参加後 配属されたところでは年齢に関係なく社員同士のディスカッションが活発で、堅苦しいことが一切ない活気のある職場だった。実際には年齢に左右されない風通しの良い企業で、三菱重工グループに対するイメージが全く変わりました。
インターンシップに参加する以前は、それぞれの課が単独で各々の仕事に取り組んでいるというイメージを持っておりました。 参加後 実際は全ての仕事が他の課との繋がりで動いており、三菱重工グループが一つのチームとして動いているように感じました。 また、実習中に社員の方に製造ラインを自動化する事の難しさや、実現のための課題など具体的に語って頂き、そのように視野を広く持ち、良いものを柔軟に受け入れる姿勢がグローバル・カンパニーに必要な要素であると学びました。
陸、海、空という幅広いフィールドで活躍する製品をつくっており、世界中に貢献できる高い技術力を持っているという印象を持っていました。 参加後 仕事に対する姿勢や、福島事故を受けた後の取り組み、プロジェクトなどから真面目という印象が加わりました。原子力事業に対しても少し後ろ向きのイメージを持っていましたが、実際に企業内で職務体験をしてみると、とにかく再稼働への熱意や意気込みなどを強く感じ、むしろ前向きな印象を受けました。そこには、日本や世界をこれからも支えていくプライドを持つメーカーという信念があると感じました。
実習に参加する前は、「三菱重工」というと「ガスタービン、航空機、防衛機器、船舶」といった製品のイメージがほとんどでした。 参加後 実習に参加して、それらの製品を「作る場所」「作る人」のイメージが新たに加わりました。これは製品を開発する現場、作る現場を体験したからこそだと思います。特に「作る人」の印象として、日本最先端レベルの製品を扱っているからか、常に世界に目を向けている社員の方々の意識、姿勢が印象的でした。
歴史のある重工系の企業ということで、どちらかというと男社会のイメージが強く、女子にとって厳しい部分もありそうという印象を持っていました。 参加後 現場では社員の方同士がよくコミュニケーションを取っており、インターン生の私にも気さくに声をかけて下さるなど、和気藹々として働きやすい雰囲気だと感じました。実際に女性社員の方にお話を伺ったところ、女性が働きやすい職場づくりに力を入れているため、やりがいを持ち生き生きと働いていらっしゃるというのを強く感じました。また、社員の方は素敵な方やユニークな方ばかりで、一緒に働きたいと思える方が多かったのも印象的です。
三菱重工グループについては世界最先端の製品を数多くつくっているという印象は持っていました。 参加後 これからの世界の10年後20年後を考え発展していこうとしていることを、全ての社員の方から感じられたのはとてもすごいことだと感じました。また、日本のみならず世界中を発展させる為には、あらゆることを想定して未来を描くことが重要だと学び、三菱重工グループはそれを持っている会社なのだと改めて実感しました。
pagetop