ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME製品情報エネルギー 加圧水型原子力発電プラントタービン発電設備

ページの本文です。

タービン発電設備

タービン発電機設備は、蒸気発生器で発生した蒸気の熱エネルギーを回転エネルギーに変換するタービンと、回転エネルギーを電気エネルギーとして取り出す発電機などから構成されています。

低圧タービン最終翼

炉心熱出力を効率よく電気出力に転換するため、4極機用低圧タービン最終翼として、41・46・54インチ翼があります。(60Hz用)

蒸気タービン

高圧タービン/低圧タービン
タービン設備は蒸気熱エネルギーを効率良く電気に変換するために、タービン翼の長大化、完全3次元流れ設計翼の採用により、高性能化を図っています。また、インテグラルシュラウド構造翼(ISB)の採用により、信頼性の向上も図っています。
完全3次元翼 インテグラルシュラウド構造翼(ISB)

長翼採用による出力向上

タービン設備は蒸気熱エネルギーを効率良く電気に変換するために、タービン翼の長大化、完全3次元流れ設計翼の採用により、高性能化を図っています。また、インテグラルシュラウド構造翼(ISB)の採用により、信頼性の向上も図っています。
54インチ翼回転振動試験

発電機および励磁機

発電機の固定子コイルは水冷却方式、回転子コイルは水素内部冷却方式です。発電機は、水素ガスクーラを発電機フレーム上部に配置させた“トップハット”構造により、回転子軸長を短くし、軸系の安定性・信頼性向上を図っています。
また励磁機は、実績が豊富で保守が容易なブラシレス励磁です。これはタービンにより駆動されるため、所内動力を低減できます。

担当窓口:パワードメイン -

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る