ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME製品情報エネルギー 加圧水型原子力発電プラント1次冷却材設備

ページの本文です。

1次冷却材設備

1次冷却材設備
1次冷却材設備

 加圧水型原子力発電プラントの1次冷却設備は、原子炉容器を中心として蒸気発生器、1次冷却材ポンプ、加圧器などで構成されています。これら原子炉系の主要機器は1次冷却材管によって接続され、ループを形成します。

原子炉容器

燃料と炉内支持構造物を収納し、通常運転時の高温・高圧、異常時の過渡変化、さらに高速中性子による脆化などに対しても原子炉冷却材圧力バウンダリとしての機能を十分果たせるように設計しています。

蒸気発生器

竪置U字管式熱交換器で、原子炉内で発生した熱エネルギーを蒸気に変えてタービン系へ送る役目をもっています。原子炉停止後は崩壊熱を自然循環で除熱できるように、原子炉容器の出入口管台より上方に配置しています。

1次冷却材ポンプ

炉心冷却に必要な1次冷却材を一定の流量で循環させるポンプです。

加圧器

1次冷却系を常に一定圧力に保つためのもので、電気ヒータ、スプレイ弁、逃がし弁により圧力制御を行います。

1次冷却材管

原子炉容器、蒸気発生器、1次冷却材ポンプを相互に連結し、循環回路を形成します。

基本仕様(代表例)
  600MWe級 900MWe級 1,200MWe級 APWR 1,500MWe級
ループ数 2 3 4 4
運転圧力(MPa) 約15.5 約15.5 約15.5 約15.5
運転温度(°C) 約300 約300 約300 約300

担当窓口:パワードメイン -

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る