ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME製品情報エネルギー 加圧水型原子力発電プラント1次冷却材ポンプ

ページの本文です。

1次冷却材ポンプ

1次冷却材ポンプ構造図(MA25S型)
1次冷却材ポンプ構造図(MA25S型)

 1次冷却材ポンプは、プラントの1次冷却材を高温・高圧で循環させる重要な回転機器です。ポンプは立軸単段吸込ディフューザ型で、水力設計面で高効率化を図るとともに、軸シール部には非接触の限定漏洩制御方式を採用することにより、長期連続運転にも耐える信頼性の高いものとしています。保守面においても、 軸シールのカートリッジ化や長寿命化を進める一方で、シールの分解点検用ロボットも開発しています。また、性能・健全性については、三菱重工所有の設備で実流量試験を行って確認しています。

1次冷却材ポンプの主要目
93A-1型 MA25S型 100D型
ポンプ型式 立軸単段吸込ディフューザ
(限定漏洩式シール採用)
流量(立方メートル/h) 20,100 25,800 20,200
全揚程(m) 約80 約88 約80
最高使用温度(°C) 343
通常運転圧力(MPa) 15.5
通常運転温度(°C) 約290
回転数(rpm) 約1,200 約1,200 約1,500
シール注入水(立方メートル/h) 1.8
熱遮へい装置冷却水
(立方メートル/h)
9.1
モータ型式 全閉内冷籠型フライホール、逆転防止付
電源(周波数(Hz)/電圧(V)) 60/6,600 60/6,600 50/6,600
モータ出力(kW) (呼称)4,480 (呼称)6,000 (呼称)4,570
ポンプ効率(%) 83以上 85以上 83以上

担当窓口:パワードメイン -

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る