ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME製品情報エネルギー固体関連

ページの本文です。

固体関連

固体関連装置には,原子力発電所で発生する使用済樹脂や雑固体廃棄物を減容したり,液体廃棄物を減容し固化する装置,また,固体廃棄物やドラム缶などの廃棄体を搬送する装置があります。切断した配管,雑機材(番線,電線,軽金属片),一般雑固体(紙,布,ウェス)は圧縮処理で減容された後,ドラム缶詰めされます。液体廃棄物は水分を蒸発させ減容されます。そして,ドラム缶内で固化され,安定な固化体として取り扱えるようにしています。
以下に
ほう酸廃液を減容セメント固化する装置,
使用済の樹脂を処理する装置,
固体廃棄物を圧縮減容する装置,
廃液をセメント固化する装置,
搬出する廃棄体を検査する装置,
を例として紹介します。
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る