ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME製品情報エネルギー液体関連

ページの本文です。

液体関連

液体関連装置は,液体廃棄物の性状に合わせて分離回収し,フィルタ,蒸発器,脱塩塔などで処理した後,蒸留水などは再利用するかまたは放射性物質濃度が環境に与える影響がないほど十分に低いことを確認した後,その濃度を監視しながら排出するものです。 設備構成は,液体廃棄物の性状により,ほう酸回収系,廃液処理系,洗浄排水処理系に大別されます。以下に装置の一例として廃液蒸発装置を紹介します。

廃液蒸発装置

廃液蒸発装置は,原子力発電所で発生する機器排水・床排水,及び洗濯排水を蒸発濃縮し,減容化する装置です。 廃液蒸発装置では,廃液は加熱器で加熱され,水分が蒸発します。水分が蒸発していくことにより廃液は徐々に濃縮されていきます。一方,蒸発した水分は冷却器で冷やされ蒸留水として再利用,もしくは排出されます。

製品

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る