ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEエンジンバルブの生産ラインを一新 サイクルタイムを半減し、コスト競争力強化を目指す

ページの本文です。
Press Information

2007年4月4日 発行 第 4567号

エンジンバルブの生産ラインを一新
サイクルタイムを半減し、コスト競争力強化を目指す

 三菱重工業は、自動車向けエンジンバルブの生産設備を最新鋭のフレキシブル加工ラインへ一新し、従来の2倍の生産能力を有する高性能・高精度ライン体制を構築する。加工ラインのサイクルタイムを半減し、製品のコスト競争力強化をはかって、安定的な収益確保を目指すのが狙い。併せて、ガソリン、ディーゼル両エンジン共用仕様への対応を可能にして、国内のみならず欧米市場への営業展開を加速していく。投資額は18億円強。2007年8月から順次、最新ラインでの生産を開始する計画。

 今回更新の対象となるのは、先行するかたちで2006年2月に高効率の最新鋭ラインを導入したダイムラー・クライスラーの「ワールドエンジン」向けラインを除く既存の全ライン。新ラインは、プレス・成形制御の最適化をはかる一方、CBN(立方晶窒化硼素)砥石などを採用して加工時間の大幅短縮を実現。また、高速搬送システムなども新たに導入して、高精度仕様エンジンバルブを高効率に生産する高速生産設備として仕上げていく。

 幅広い弁種に対応可能とするのも今回の更新のポイント。そのため、独自の専用CBNシート研削盤を導入、加工角度のワイドレンジ化をはかって、ガソリンエンジン向けだけでなく、欧州(EU)仕様のディーゼルエンジン向けにも対応できるエンジンバルブの“グローバル”加工ラインとして立ち上げる。
 また、原動機で培った熱処理技術を駆使して高温性能を高めるとともに、当社技術本部の評価開発技術を援用して一段の高精度仕様化を進め、競合他社との差別化をはかりつつ、燃費規制に取り組む客先(自動車メーカー)ニーズに的確に応えていく。

 エンジンバルブは自動車用エンジンのシリンダーヘッドに搭載され、燃焼室を密閉する役割を担う部品。自動車生産の世界的な拡大により需要は継続的に増大中だが、技術とコストに対する市場の要請は厳しい。当社は、今回の生産設備一新により、技術の優位性の維持はもちろん、厳しいコスト競争にも打ち勝って、国内外の新たな市場開拓を積極的に進めていく。

※CBN=

cubic boron nitride 立方晶窒化硼素。主として高速度鋼、ダイス鋼などの硬く強靭な鋼の研削加工に用いられる。耐熱性、破砕性などに優れ、高い研削速度を有す。
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る