ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEビーバーエアコン新シリーズ全17機種を発売

ページの本文です。
Press Information

2016年1月28日 発行 第 5711号

ビーバーエアコン新シリーズ全17機種を発売
全機種で環境に配慮した新冷媒R32を採用

 三菱重工業は、家庭用ルームエアコン(ビーバーエアコン)の新シリーズ17機種を3月上旬から順次発売します。高APF(通年エネルギー消費効率)※1を達成した最高級モデルのSTシリーズ6機種、フィルター自動清掃を搭載した高機能モデルのRTシリーズ5機種、標準モデルのTTシリーズ6機種のラインアップで、環境に配慮した新冷媒R32を全機種で採用しました。各機種の販売価格はオープンです。

STシリーズ室内機
STシリーズ室内機

 3シリーズとも大風量でパワフルな「JET気流運転」、急速な冷暖房を可能にする「ワープ運転」、風量・風向の自動制御で部屋を均一に効率よく冷暖房する「おまかせ気流運転」などの採用により、快適な生活空間を提供します。また、新冷媒R32は、地球温暖化係数が従来の冷媒R410Aに比べて約1/3※2と、環境に配慮されています。

 STシリーズには、人の動きを検知して設定温度を自動調整する人感センサー機能を搭載。人の不在を検知して冷やし過ぎ・暖め過ぎを抑え、不在時間が長いと自動停止する一方、人が戻ると自動で運転復帰することで省エネ(節電)運転をアシストします。また、当社のグループ会社である三菱重工冷熱株式会社が販売しているハイブリッド加熱気化式加湿器「roomist」SHKシリーズ3機種との連動運転機能も採用。エアコンの湿度検知機能に基づき、エアコンから加湿器に対して運転・停止信号を送信、その信号を受信した加湿器は、設定湿度に基づき自動で運転・停止します。
 RTシリーズでは、10畳タイプと12畳タイプの室外機を高さ540×幅645×奥行き275mmに小型・軽量化。体積を従来に比べ約30%減らしました。

 当社は、新シリーズ17機種のラインアップで幅広いニ-ズに応えます。

【新シリーズの特長】

1.スピーディ&パワフルに部屋を快適にする「JET気流」&「ワープ運転」
ジェットエンジンの翼形状設計に使われる解析技術CFD(数値流体力学)を風路設計に応用した「JET BODY」から送り出される「JET気流」は、少ない電力で大風量を吹き出すことで音や振動を抑えて、遠くすみずみまで風を届けます。また、「ワープ運転」は、すぐに部屋を冷やしたい、暖めたいというときに便利な機能。冷風・温風を吹き出して、素早く快適空間へ“ワープ”します。航空機やロケットの製造も手掛ける当社ならではの先端テクノロジーです。

 
2.「フィルター自動清掃」でいつもキレイ
室内機内部をクリーンに保つ「フィルター自動清掃」機能を搭載。抗菌仕様※3のダストボックス、ブラシは取り外して水洗いできる簡単構造。約1年に1回※4のダストボックスのお手入れ時期は本体のフィルター清掃ランプで知らせます。

 
3.16通りの「エリア空調」で気流を自在にコントロール
部屋全体、中央、左奥、右奥、左手前、右手前のエリアを組み合わせた16パターンの中から、お好みのエリアを選択して空調できます。左右独立のフラップ、ルーバーで気流をきめ細かくコントロールできるので、風に当たりたいときも、風に当たりたくないときも状況に応じた選択が可能です。 

 
4.「おまかせ気流運転」でムラなく空調
風量、風向を自動的にコントロールして、部屋全体をより素早く、より均一に効率よく空調します。

 
5.生活シーンに合わせた使い方ができる「プログラムタイマー運転」
「入タイマー」と「切タイマー」を組み合わせた運転ができます。一度設定して「運転」すれば、「停止」ボタンを押さない限り、毎日同じ時刻に運転/停止するため、切り忘れの心配がありません。

6.コンパクト室外機で設置作業が容易に
RTシリーズの10畳タイプと12畳タイプの室外機を、既存モデル(RSシリーズ)より体積比で約30%小さい高さ540×幅645×奥行き275mmに小型・軽量化しました。これにより、設置作業の改善と省スペース化を実現。

7.キレイが続いて丈夫で長持ちの気くばり設計
熱交換器に汚れが付着するのを防ぐ「清潔プレコート熱交フィン」や、抗菌仕様でカビなどの成長を抑える「抗菌ファン※3」、「内部クリーン運転」など、室内機がいつもキレイな状態で運転できるようにしています。

 
8.大きく、見やすく、使いやすいリモコン
大型液晶画面は、より多くの情報を見やすく表示。また、使用頻度が高い機能のボタンだけを絞り込んで液晶画面下部に配置するなど、お子様やお年寄りにやさしい設計を採用しています。

 

9.全機種新冷媒R32の採用で環境に配慮
地球温暖化係数が従来の冷媒R410Aと比べて約1/3※2の新冷媒R32を全機種に広げて採用し、環境に配慮しています。

 

特長一覧
  STシリーズ RTシリーズ TTシリーズ
1.JET・ワープ
2.フィルター自動清掃  
3.エリア空調    
4.おまかせ気流運転
5.プログラムタイマー
6.コンパクト室外機   ※5 ※5
7.キレイ長持ち
8.使いやすいリモコン
9.新冷媒R32
新製品概要(STシリーズ)
室内機形式 電源 定格冷房能力 冷房時適用畳数 APF 発売時期
SRK22ST 100V 2.2kW 6畳 6.9 2016年3月
SRK25ST 100V 2.5kW 8畳 6.9
SRK28ST 100V 2.8kW 10畳 6.7
SRK36ST 100V 3.6kW 12畳 6.3
SRK40ST2 200V 4.0kW 14畳 6.2
SRK56ST2 200V 5.6kW 18畳 5.5
新製品概要(RTシリーズ)
室内機形式 電源 定格冷房能力 冷房時適用畳数 APF 発売時期
SRK22RT 100V 2.2kW 6畳 5.8 2016年3月
SRK25RT 100V 2.5kW 8畳 6.0
SRK28RT 100V 2.8kW 10畳 5.8
SRK36RT 100V 3.6kW 12畳 5.1
SRK40RT2 200V 4.0kW 14畳 5.1
新製品概要(TTシリーズ)
室内機形式 電源 定格冷房能力 冷房時適用畳数 APF 発売時期
SRK22TT 100V 2.2kW 6畳 5.8 2016年3月
SRK25TT 100V 2.5kW 8畳 6.0
SRK28TT 100V 2.8kW 10畳 5.8
SRK36TT 100V 3.6kW 12畳 5.1
SRK40TT2 200V 4.0kW 14畳 5.1
SRK56TT2 200V 5.6kW 18畳 5.0

※1 APF(Annual Performance Factor:通年エネルギー消費効率)は、年間を通じて冷暖房を行うために必要な能力の総和を各冷暖房機器のエネルギー消費量で割った性能評価指数です。値が大きいほど省エネ性に優れています。
※2 出典「IPCC第4次評価報告書」地球温暖化係数100年値(CO2を1とした値)の比較。675(R32)と2090(R410A)。
※3【試験機関】財団法人日本食品分析センター 【試験番号】第307040016-001号 【試験方法】JIS Z 2801 2000「抗菌加工製品-抗菌性能試験方法・抗菌効果」5.2プラスチック製品などの試験方法【試験結果】抗菌活性値2.0以上対象部位:ホコリ除去ユニット、送風機。
※4 部屋の環境によりお手入れの頻度は異なります(当社調べ)。
※5 2.2kW~3.6kW

【三菱重工業 冷熱事業部ホームページ】
http://www.mhi.co.jp/aircon/

【問い合わせ先】
三菱重工冷熱株式会社 管理本部 事業企画部 企画課 TEL:03-6891-4448

担当窓口:機械・設備システムドメイン  冷熱事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る