ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME新会社「三菱重工工作機械株式会社」が営業を開始

ページの本文です。
Press Information

2015年9月30日 発行 第 5689号

新会社「三菱重工工作機械株式会社」が営業を開始
製販一体化で機動力を高めて意思決定も迅速に

 三菱重工業の工作機械事業を承継した当社100%出資の新会社「三菱重工工作機械株式会社」が10月1日、営業を開始します。新会社は、グローバル市場での競争力強化に向け、製造と販売を一体化して組織の機動力を高めるとともに、迅速な意思決定を行える体制を整えていきます。

 新会社は、本社・本工場を現在の工作機械事業部 栗東工場(滋賀県栗東市)に置き、白尾誠二 機械・設備システムドメイン工作機械事業部長が新社長に就任して発足します。経営理念として、「お客様の生産活動における目的達成・課題解決のために最適な提案を行い、お客様のものづくりの価値向上に貢献する」を掲げ、参入分野でのグローバルトップメーカーを目指します。

 具体的には、世界市場で優位にあり高い商品力を持つ歯車機械と切削工具の開発を進めるとともに、両者の組み合わせで歯車加工システムとして供給、世界トップを目指します。また、顧客のものづくり現場が抱える多様な問題・課題に対し、検討段階から参画し、最適な解決策をトータルで提供する新しい形のビジネスに取り組んでいきます。さらには、工作機械メーカーとしてのノウハウにICTを活用した工場情報処理システム技術の事業化など先端生産システムの開発にも取り組んでいきます。

 工作機械市場は近年、国内外における環境が大きく変化しています。技術面ではニーズの高度化が加速し、高度な自動化・省力化技術が求められるとともに、情報通信技術を活用した製造革新などが注目され、世界の工作機械メーカー間で競争が激化しています。
 新会社はこうした状況を踏まえ、専業会社化により意思決定の迅速化および事業責任の明確化をはかるとともに、三菱重工グループとしての総合力と製造・販売一体化による組織の高い機動力を両輪とし、市場環境や顧客ニーズの変化への対応力強化を進めることで、事業の強化と拡大を加速していきます。

■新会社の概要(2015年10月1日現在)

社   

三菱重工工作機械株式会

本社所在

滋賀県栗東市六地蔵130番地

代表者の役職・氏

取締役社長 白尾 誠二

事 業 内

工作機械、切削工具、エンジンバルブおよびその関連製品の設計、製造、販売ならびにコンサルティング、同製品の据付、操作指導、修理、改造、点検、保管等

従 業 員 数

1,000

資 本 

3,000万円

決 算 期

331

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る