ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME工作機械事業を10月に分社化

ページの本文です。
Press Information

2015年5月26日 発行 第 5651号

工作機械事業を10月に分社化
製販一体化で機動力を高め意思決定も迅速に

 三菱重工業は、本年10月1日付で工作機械事業を三菱重工工作機械販売株式会社(本社:大阪市淀川区、以下「承継会社」)に吸収分割により承継させます。グローバル市場での競争力向上に向け、製造と販売の一体化により組織の機動力を高めるとともに、迅速な意思決定を行える体制を整えるのが狙いです。

 承継会社は、本社を現在の工作機械事業部 栗東工場(滋賀県栗東市)内に移し、当社から工作機械事業に関わる資産移管を受け、従業員1,000人強の会社となります。

 工作機械市場は近年、国内外の需要構造が大きく変化しています。こうした状況に対応して、工作機械各社は専業メーカーの強みである迅速な意思決定を行うことで競争力向上に取り組んでおり、事業運営・顧客対応の両面で、組織としての機動力向上が事業拡大の条件となってきています。

 承継会社は専業会社化を機に、機動的な組織づくりによる意思決定の迅速化および事業責任の明確化をはかり、市場環境や顧客ニーズの変化への対応力強化を進め、事業の強化と拡大を加速していきます。

 当社は、承継会社と密接に連携し、その事業展開を全面的に支援していきます。

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る