ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME長崎地区商船事業の船舶建造と船体ブロック製造を2子会社に分社化

ページの本文です。
Press Information

2015年2月4日 発行 第 5613号

長崎地区商船事業の船舶建造と船体ブロック製造を2子会社に分社化
製品の選択と集中をはかり構造改革を推進

 三菱重工業は、本年10月1日付で長崎造船所 香焼工場内に100%出資の船舶建造事業会社と船体ブロック製造事業会社を発足させ、長崎地区大型商船の建造をこれら2社に移管する方針を決定しました。客船については、商船事業から分離し、エンジニアリング事業として、交通・輸送ドメインに発足させる新組織で運営します。

 2社のうち、船舶建造事業会社は、当社100%子会社のMHI船海エンジニアリング株式会社を承継会社として発足し、営業・設計・調達・製造および修理を行います。新造船については、中期的に高い需要が見込めるLNG(液化天然ガス)運搬船やLPG(液化石油ガス)運搬船に集中します。
 得意船種であるガス運搬船の連続建造による生産合理化、組織のコンパクト化による効率化、機動的な体制の中での業務プロセスの合理化により、コスト競争力の強化をはかります。

 船体ブロック製造事業会社は、準備会社を設立後、吸収分割により発足。香焼工場の強みである大型船体ブロックの生産に特化し、同種ブロックの連続建造、設備更新などにより生産性向上をはかります。
 同社は、船舶建造事業会社へのブロック供給に加え、ブロックの外販を推進し、年間生産量を拡大していく計画です。

 当社は、1980年代以降商船市場の変化に対応して、5ヵ所あった建造拠点を長崎・下関の2ヵ所にしています。長崎造船所は、技術的に高度な大型商船に幅広く取り組んできましたが、製品ラインの選択と集中、事業のコンパクト化、持てる生産リソースのフル活用などにより、経営の合理化、商船事業の発展に努めていきます。
 なお、下関の商船および長崎の艦艇については、従来の体制から変更はありません。

担当窓口:交通・輸送ドメイン 

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る