ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEブラジル・サンパウロ地下鉄6号線の全自動無人運転鉄道システムを建設へ

ページの本文です。
Press Information

2014年8月18日 発行 第 5562号

ブラジル・サンパウロ地下鉄6号線の全自動無人運転鉄道システムを建設へ
中南米向けでは初の鉄道システム受注

 三菱重工業は、三井物産株式会社の協力を得て、ブラジル・サンパウロ地下鉄6号線の建設・運営事業体であるムーブ・サンパウロ社(Concessionária Move São Paulo)から全自動無人運転の鉄道システム建設プロジェクトを受注しました。中南米向け鉄道システムの受注は初めてで、工事完了は2020年の予定です。

 サンパウロ地下鉄6号線は、サンパウロ市中心部から北西部の人口密集地に延びる全長15km、15駅の路線で、1日あたり63万人の利用が見込まれています。

 本プロジェクトは、土木・建築工事とシステム一括を含むブラジル初の本格的鉄道PPP(Public Private Partnership)方式により整備され、同国の有力コングロマリットであるオーデブレヒト、ケイロスガルバオン、UTCの各社が組成する事業体ムーブ・サンパウロ社が、サンパウロ州政府との契約により25年間の地下鉄建設・運営の事業権を取得しています。

 当社は、土木・建築工事を担当する現地ゼネコン連合とコンソーシアムを組み、全自動無人運転鉄道システムの信号、通信、電力、架線、車両検修設備、プラットフォームドア、トンネルベンチレーションにわたる各システムの設計・調達・据付・試運転を担当します。

 当社は、台湾新幹線やドバイメトロなどの、大型鉄道プロジェクトの建設・納入実績を有しており、さらに全自動無人運転車両システム(Automated People Mover System:APMシステム)においても、日本国内はじめ、米国、香港、シンガポール、韓国、ドバイに納入実績があり、いずれも安定した稼働率で運行されています。今回の受注は、これら豊富な納入実績に加え、当社システムの信頼性が高く評価されたものです。

 ブラジルでは、公共交通インフラの整備が不十分で交通渋滞が大きな社会問題となっており、サンパウロなどの主要都市で同様の鉄道システム建設が計画されています。当社は今回の受注を弾みに、ブラジルをはじめとした南米市場において、交通インフラ事業のさらなる受注拡大に力を注いでいきます。

担当窓口:交通・輸送ドメイン 交通システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る