ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEレーザー加工機事業に参入、工作機械分野の新しい柱に育成へ

ページの本文です。
Press Information

2014年7月28日 発行 第 5551号

レーザー加工機事業に参入、工作機械分野の新しい柱に育成へ
社内の最先端技術を活用してソリューション提案

 三菱重工業は、レーザー加工機事業に本格参入します。社内で約30年間にわたり培った世界トップ水準のレーザー制御・加工技術を活用して先進的なレーザー加工機を開発・販売していくもので、工作機械分野における新事業の柱に育成するのが狙いです。年内をめどに製品化を始め、切削加工や放電加工などでは難しい材料の精密加工をはじめ当社独自のレーザー加工機によりさまざまなソリューション提案を行うことで、幅広い市場ニーズの掘り起こしを目指します。

 レーザー加工機事業に向けて、このほど工作機械事業部が社内の全レーザー関連技術と、製造・加工現場がレーザー加工機に求める加工レベル・機能に関する情報を機動的に結びつけられる体制を整えました。具体的には、工作機械関連技術と機械加工ニーズが集積しているソリューション技術センターに技術開発窓口を設置。各ドメイン・事業所が持つ製造技術革新ニーズを基にして、技術統括本部・研究所との連携により、当社独自のレーザー加工機をワンストップで開発・製品化できるようにしました。

 レーザー加工は、切削工具を使用しないため磨耗・劣化による消耗品が発生せず、加工反力がないため剛性の小さいワークも高精度に加工できるほか、光学系の工夫により大幅な加工時間の短縮が可能です。また、放電加工機などでは難しい材料の加工なども迅速・円滑に行えます。
 当社のレーザー制御・加工技術は、レンズやプリズムなど独自の光学系設計技術に加え、航空・宇宙分野やガスタービン、原子力分野など社内の先端事業で培ったレーザー加工技術を強みとしています。今回、さらに工作機械事業部の精密位置決め技術を組み合わせることで、さらに高精度なレーザー加工機の製品化を実現するものです。

 当社は、空中放電を利用するアーク溶接にレーザー溶接を同軸化して両技術の長所を引き出すハイブリッド溶接による溶接施工法を国内で初めて実用化するなど、社内の製造技術革新ニーズに対応するレーザー加工技術を開発してきました。社外に向けては、レーザー発振器や光学系など中核部位・部品の提供にとどまっていました。

 当社は今後、レーザー加工機に対する先端的な市場ニーズを踏まえて各種製品を開発するとともに、それらを実際の加工現場に提案することで潜在ニーズを探求し、一層付加価値の高い技術開発と製品ラインアップの拡充につなげていきます。

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る