ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEリチウムイオン二次電池 製造設備など事業資産を台湾のデルタ電子に売却

ページの本文です。
Press Information

2014年4月18日 発行 第 5521号

リチウムイオン二次電池 製造設備など事業資産を台湾のデルタ電子に売却
蓄電システム製品事業に経営資源をシフト

 三菱重工業は、エレクトロニクスデバイスの大手メーカーであるデルタ電子(台達電子工業股份有限公司、DELTA ELECTRONICS INC.)に、リチウムイオン二次電池の製造設備などの事業資産を売却することで合意しました。これにより、当社はリチウムイオン二次電池を使用した蓄電システム製品事業への経営資源の移行を推進していきます。

 デルタ電子は、台湾を創業本拠地とする企業グループの中核企業で、電源装置やディスプレイ製品などの多種多様な電子製品を手掛けて、世界各地に約200の生産・販売・研究開発拠点を持つ世界的なメーカーです。

 蓄電システム製品は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの導入拡大に伴う電力系統安定化や、省エネルギーのための電力需給調整用のコアデバイスとして、今後の市場拡大が期待されています。

 当社が開発したリチウムイオン二次電池は、軽量・コンパクトで高い信頼性を実現し、コンテナ型電力貯蔵システムや電気バスなどの蓄電システム製品に搭載されて、多くの実績を積み重ねてきました。
 しかし、需要拡大が期待される蓄電システムの市場環境にいち早く対応するため、リチウムイオン二次電池の量産事業については、量産によるコスト低減技術に定評のあるデルタ電子に売却し、今後は蓄電システム製品の普及に注力していきます。

 当社はこれを機に、デルタ電子と連携し、蓄電システム製品分野を含むリチウムイオン二次電池事業の発展に引き続き取り組んでいくとともに、定置用大容量蓄電システム(ESS ※)や電気バスなどの蓄電システム製品の普及を通じて、省エネ・低炭素社会の実現へ向けて貢献していきます。

※ ESS=Energy Storage System

担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る