ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME洋上風力発電設備専業の新会社が営業を開始

ページの本文です。
Press Information

ニュースレターNo,212

2014年4月1日

三菱重工業株式会社
ヴェスタス社

洋上風力発電設備専業の新会社が営業を開始
MHI Vestas Offshore Wind A/S

 三菱重工業とデンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)の合弁による洋上風力発電設備専業の新会社「MHI Vestas Offshore Wind A/S」が4月1日発足し、営業を開始しました。両親会社の洋上風力発電設備事業を分割・集約してスタートしたもので、三菱重工が持つ総合的な技術力とヴェスタスが有する多くの実績を融合することで、急成長が期待されるこの分野でグローバルトップのプレイヤーとなることを目指します。

 新会社MHI Vestas Offshore Windは、洋上風力発電設備の開発・設計・調達・製造から販売・アフターサービスまでを手掛けます。当面は、ヴェスタスのギヤ式風力発電設備である3,000kW機(V112)と新開発の8,000 kW機(V164)をもって事業を推進します。

 本社所在地はデンマークのオーフス市です。  資本金は約1億4,400万ユーロ。三菱重工が全額出資するデンマークの現地法人MHI Holding Denmark ApS(以下MHD)とヴェスタスの折半出資ですが、2016年にはコールオプションを行使し、出資比率をMHD51%、ヴェスタス49%とする予定です。また、MHDには今後、株式会社国際協力銀行(JBIC)が最大1億3,200万ユーロ(MHD 資本の約4割に相当)を優先株で出資する予定です。
 初代の会長には和仁正文 欧州三菱重工業(株)会長が、また、副会長にはアンダース・ルネバード(Anders Runevad)ヴェスタス最高経営責任者が就任しました。

 新会社のロゴも決定しました。両親会社の意思を受け継ぎ、それぞれの企業カラーを採り込んだもので、「波」と「力」、そして未来へと繋がる「前進」を表現しています。

 現在、活発な洋上風力発電市場は、英国、ドイツをはじめとする北海沿岸諸国で、今後もこの地域は大きな成長が見込まれています。そのため、風力発電各社は大型機の開発に取り組み、活発な受注活動を展開し始めていますが、新会社は、両親会社の優れた技術力や豊富な経験を結集しつつ、この市場の厳しい競争に勝ち残っていきます。

 三菱重工とヴェスタスは、新会社と密接に連携し、その事業展開を全面的に支援していきます。

合弁会社の概要
商号 MHI Vestas Offshore Wind A/S
事業内容 洋上風力発電設備の開発・設計・調達・製造・販売・アフターサービス
設立年月日 2014年4月1日
本社所在地 デンマーク オーフス市(Aarhus)
役員構成 Chairman of the Board of Directors      和仁 正文(MHI)
Vice Chairman of the Board of Directors   Anders Runevad(Vestas)
CEO (Chief Executive Officer)         Jens Tommerup(Vestas)
Co-CEO                       加藤 仁(MHI)
CFO (Chief Financial Officer)          荒井 隆雄(MHI)
CSO (Chief Sales Officer)            Uffe Vinther-Schou(Vestas)
COO (Chief Operations Officer)        Flemming Ougaard(Vestas)
CSO (Chief Strategy Officer)          山田 正人(MHI)
CTO (Chief Technical Officer)        Torben Hvid Larsen(Vestas)
CTO代理(Deputy Chief Technical Officer) 宇麼谷 雅英(MHI)
従業員数 380名

ロゴ

ご参考:適時開示資料(PDF/98.5KB)PDF

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る