ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME海外市場向けビル用マルチエアコンに新モデルを投入

ページの本文です。
Press Information

2014年3月6日 発行 第 5505号

海外市場向けビル用マルチエアコンに新モデルを投入

 三菱重工業は、海外市場向けビル用マルチエアコンの新モデル「KXZシリーズ」を投入し、6月から順次発売します。高効率化と運転制御の多様化により高い省エネ性を実現するとともに、ラインアップ拡大と基本性能の向上をはかります。

【ビル用マルチエアコン「KXZシリーズ」】
【ビル用マルチエアコン「KXZシリーズ」】

 新モデルは、10馬力から20馬力までの単独機があり、3台の組み合わせで最大60馬力まで対応できます。

 高信頼性の市場実績を持つ現モデルの基本構造を踏襲し、高効率化のため熱交換器を増強するとともに、新開発の圧縮機を採用しています。圧縮機には集中巻きモーターを搭載※1することで、モーター巻線部の損失を低減。また、圧縮機のスクロール構造にマルチポート機構を採用して過大圧縮による電力損失を抑制し、特に中間性能領域で高い省エネ効果を実現します。

 この結果、冷房効率(EER)※2は従来比約40%、暖房効率(COP)※3も同約8%向上(24馬力の場合)しています。

 KXZシリーズではさらに、冷房使用範囲を従来製品の43℃DB(乾球温度)から46℃DBに拡大し、空調機としての基本性能も向上しています。また、施工性では室内・室外ユニット間の高低差制限を従来機の50mから70m(室外ユニット上方設置の場合)へ拡大し、高層ビルにも対応できる仕様としています。

 加えて、室内温度をチェックしながら圧縮機の運転回転数を最適制御する新しい節電機能(特許出願中)を搭載しているほか、デマンド(電力需要)制御機能を2段階から3段階に増やすなど、さまざまな仕組みにより省エネに配慮しています。

 当社は引き続き、海外市場向けのパッケージエアコンやビル空調システムで省エネ性や操作性に優れた製品の開発に積極的に取り組むことで、空調機器事業の拡大をはかっていきます。

※1 集中巻きモーターは10、12、18、20馬力に搭載しています。
※2 EER(Energy Efficiency Ratioの略)は、冷房定格能力(kW)/消費電力(kW)で求められる成績係数で、値が大きいほど省エネ性に優れています。
※3 COP(Coefficient of Performanceの略)は、EERと同様に暖房定格能力(kW)/消費電力(kW)で求められる成績係数で、値が大きいほど省エネ性に優れています。

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る