ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME当社供給の新興国向けETCがインドで本格稼働

ページの本文です。
Press Information

2013年12月3日 発行 第 5455号

当社供給の新興国向けETCがインドで本格稼働
渋滞解消と環境保全に貢献

 三菱重工業がインドに供給した新興国向けノンストップ自動料金収受システム(ETC)が、グジャラート(Gujarat)州の高速道路で本格的な稼働を開始しました。車両のフロントガラスに貼付したステッカータイプのRFID(電波個体識別、Radio Frequency Identification)タグを、料金所に設置したRFIDリーダーが検知して課金するシンプルなシステムで、同国の渋滞解消と環境保全に貢献します。日本からのRFID方式ETCの供給は今回が初めてです。

 今回当社が供給したのは、RFID方式ETCを構成する主要機器であるリーダー30式などで、現地の料金収受システムインテグレーターであるKENT社(KENT Intelligent Transport Systems (India) Private Limited)から受注したものです。インド全国統一の規格に準拠しており、販売されるRFIDタグと通信することでETCとして機能します。当社は今回、新興国向けETCとして新たに機器を設計しました。

 RFID方式ETCが本格稼働したのは、グジャラート州最大の都市アーメダバード(Ahmedabad)と州3番目の都市ヴァドーダラー(Vadodara)を結ぶ95kmの区間です。インド国道庁(National Highway Authority of India:NHAI)が建設した同国初の高速道路で、6料金所、計59車線が設置されており、このうち、ETCレーンとなる28車線に対応しています。

 インドでは経済発展に伴いモータリゼーションが進んでいますが、道路インフラはいまだ十分整備されているとはいえません。そのため、NHAIは全国の道路整備を急いでおり、今回の高速道路へのRFID方式ETC導入もその一環です。

 当社はETCや電子道路課金システム(ERP)などで豊富な実績を誇るトータルサプライヤーで、国内のみならず、シンガポール、マレーシア、タイなど海外でも多くの供給実績を持っています。
 今回のRFID方式ETCは簡易版ETCといえるもので、当社は今回の実績をバネに今後も、供給先国の実情に合った多様なETC、ERPの供給を一層積極的に推進していきます。

   
         【アーメダバード本線料金所】                         【RFIDタグ】

製品ページ 担当窓口:交通・輸送ドメイン  交通システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る