ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME洋上風力発電設備専業の新合弁会社を設立
三菱重工業とヴェスタス社

ページの本文です。
Press Information

2013年9月27日 発行 第 5427号

洋上風力発電設備専業の新合弁会社を設立
三菱重工業とヴェスタス社

 三菱重工業は、世界的な風力発電機メーカーであるデンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)と、洋上風力発電設備専業の新しい合弁会社を設立することで合意しました。2014年3月末までに設立する予定です。総合的な技術力に基づく高い信頼性を有する三菱重工と、この分野ですでに多くの実績を持つヴェスタス社がそれぞれの強みを活かし、シナジー効果を発揮することで、急成長が期待される洋上風力発電設備市場でグローバルリーダーとなるのが狙いです。

 新合弁会社は両社の洋上風力発電設備事業を分割・集約して発足し、その開発・設計・調達・製造から販売・アフターサービスまでを手掛けます。本社は デンマークのオーフス市。両社は同数の株式を保有し、初代の会長には和仁正文 当社取締役常務執行役員原動機事業本部長が、また、CEOにはイェンス・トムラップ(Jens Tommerup)ヴェスタス社アジア・パシフィック&中国地域代表が就任します。発足時の従業員数は300~400人の予定。

 新合弁会社設立に当たり両社は、洋上風力発電設備に関する豊富な技術・ノウハウを新合弁会社に提供します。また、当社は、新合弁会社に1億ユーロを投入、さらに発足後の実績に基づいて2億ユーロを追加投入する計画で、2016年にはコールオプションを行使し、出資比率を当社51%、ヴェスタス社49%とする予定です。

 新合弁会社は、ヴェスタス社のギヤ式風力発電設備である3,000kW機(V112)と8,000 kW機(V164)をもって事業を開始します。さらに当社の新型油圧ドライブトレイン(DDT)を搭載した風力発電設備も、V164のプラットフォームを活かして早期に市場投入をはかる予定です。当社の重電プラントで培った総合的な技術力・信用力とヴェスタス社の持つ豊富な経験・技術を新合弁会社に結集することで、世界の洋上風力発電市場でトッププレイヤーを目指します。

 ヴェスタス社は、陸上風力発電設備で世界第1位、洋上風力発電設備で第2位の有力メーカーで、同社の風力発電設備は73ヵ国において導入されています。従業員数は約1万7,000人。
 そのうち、洋上風力発電設備は1990年にデンマークで初号機を建設して以降、現在までに581基(約141万kW)に及ぶ建設実績を誇っています。

 当社の風力発電設備事業は、1982年に日本での商用機第1号となる設備を納入して以降、現在まで4,200機超(約440万kW)を国内外に供給しています。
 そのうち、洋上風力発電設備では、世界初となるデジタル制御油圧ドライブトレインを採用した大型風力発電設備の開発を進めており、英国での陸上実証機や福島沖浮体式洋上ウインドファーム実証研究事業に対応しています。

 現在、活発な洋上風力発電市場は、英国、ドイツをはじめとする北海沿岸諸国です。この両国を筆頭に各国とも、老朽石炭火力や原子力の代替エネルギーとして導入支援策が採用されており、今後も大きな成長が見込まれています。そのため、風力発電各社は大型機の開発に取り組み、活発な受注活動を展開し始めています。また、日本でも実証研究事業をはじめとし、沿岸域・港湾域での洋上風力導入計画が立案されつつあります。今回の新合弁新会社の設立は、これらの市場の将来性を睨んだものです。

 三菱重工とヴェスタス社は、新合弁会社と密接に連携し、その事業展開を全面的に支援していきます。

ご参考:適時開示資料(PDF/216KB)PDF

担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る