ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME国内冷熱事業強化のため販売会社2社を統合

ページの本文です。
Press Information

2013年8月1日 発行 第 5407号

国内冷熱事業強化のため販売会社2社を統合
「三菱重工冷熱株式会社」が10月に発足

 三菱重工業は10月1日付で、冷熱製品の販売、据付およびサービスを手掛けるグループ企業2社を統合し、当社100%出資の新会社「三菱重工冷熱株式会社(Mitsubishi Heavy Industries Air-Conditioning and Refrigeration Corporation)」を発足させます。統合により、新規市場開拓に向けて両社の強みを合わせることで、当社冷熱事業をより一層強く支える事業体制を築くのが狙いです。

 統合する2社は、空調機(家庭用エアコン、業務用エアコン)、暖房器、冷凍・冷蔵製品を扱う三菱重工空調システム株式会社(本社:東京都品川区、以下 重工空調)と、大型冷凍機を扱う三菱重工冷熱システム株式会社(本社:東京都千代田区、以下 MACS)で、いずれも当社100%子会社です。新会社は、重工空調を存続会社として、MACSを吸収合併すると同時に商号を変更して発足します。

 新会社の資本金は4億円。本社を東京都品川区に構え、空調機、暖房器、冷凍・冷蔵製品、大型冷凍機の販売、据付およびサービス事業を展開します。発足時の従業員数は約490人で、社長には当社の佐藤純三 冷熱事業本部副事業本部長が就任します。

 冷熱製品の国内市場は近年、空調機と大型冷凍機の中間の能力を持つチラーおよびヒートポンプ給湯機などの新規市場が急速に拡大しています。これに対し、重工空調は機器営業を中心に幅広い代理店・量販営業に、またMACSは顧客向けなどの直販営業および保守メンテナンスのサービス事業にそれぞれ強みを持ち補完関係にあることから、当社としては、今後の事業展開に際し、両社が一体となって顧客に対応する必要性があると判断しました。

 新会社は、統合の相乗効果を最大限発揮して、新規市場向けの一体営業や、保守サービスも含めたソリューションビジネスの拡充などをはかっていきます。

 当社は新会社と密接に連携し、その事業展開を全面的に支援していきます。

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る