ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME台湾高速鉄道の南港延伸プロジェクトを受注

ページの本文です。
Press Information

ニュースレターNo,206

2013年6月24日

三菱重工業株式会社
株式会社東芝

台湾高速鉄道の南港延伸プロジェクトを受注
台北駅-南港駅間を結ぶ設備新設工事

 三菱重工業株式会社と株式会社東芝は、台湾高速鉄路股份有限公司(台湾高鉄)から台湾高速鉄道の南港延伸プロジェクトをターンキー契約で受注しました。現在の台北駅から、同駅に代わって新たな北の終着駅となる南港駅(台北市)までを結ぶ路線(9.2km)のうち未着工部分約5kmを手掛けるもので、開業は2016年3月の計画。受注額は約200億円です。

 南港延伸プロジェクトは、台湾高鉄が台北駅の北部に建設中の南港駅まで既設路線を延伸する設備新設および改修工事です。具体的には、この間に軌道設備や電車線設備(架線)を設置するほか、各種の信号、通信、運行管理などの機電システムを設計・供給して据え付けるものです。

 このうち、三菱重工は、プロジェクト全体の取りまとめのほか、軌道設備、信号設備、電車線設備、さらには、データ伝送システムや電話、監視テレビなどのシステムを担当。また、東芝は、高速鉄道の指令系統である列車運行管理システムや保守作業管理システムを統括し、加えて列車や沿線への電力供給システム、列車無線や旅客案内などのシステムを担当します。
 なお、このプロジェクトは三井物産株式会社の協力を得て受注しました。

 台湾高速鉄道は、台湾の二大都市である台北-高雄間345kmを最速90分で結ぶ鉄道です。2007年1月に開業し、以来、順調に乗客数を伸ばして安全走行を続けており、台湾内の移動手段として必要不可欠な存在となっています。今回の延伸プロジェクトが完了すれば、経済の更なる活性化に一層大きな役割を果たすことになると期待されています。

 台湾高速鉄道プロジェクトは2000年に、三菱重工、東芝両社並びに三井物産を含む日本企業7社のコンソーシアムが受注し、完成したものです。今回の受注はこれらの実績が評価されたことによるものですが、三菱重工、東芝両社は、このプロジェクトで培った先進の技術やノウハウ、さらには高度なシステムインテグレーション能力を活かし、今後も多様な国・地域で計画されている高速鉄道プロジェクトに積極的にアプローチしていく方針です。

製品ページ

 

担当窓口:交通・輸送ドメイン 交通システム事業部
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る