ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME米国でウォータージェットピーニング(WJP)工事を2プラント連続で受注

ページの本文です。
Press Information

2013年6月19日 発行 第 5379号

米国でウォータージェットピーニング(WJP)工事を2プラント連続で受注
海外では初めて

 三菱重工業は、米国の加圧水型原子炉(PWR)であるウルフクリーク(Wolf Creek)原子力発電所(カンザス州)とキャラウェイ(Callaway)原子力発電所(ミズーリ州)の原子炉容器に対するウォータージェットピーニング(Water Jet Peening:WJP)工事を2プラント連続で受注しました。原子炉容器の出入口管台などと一部の異種金属溶接部を対象に経年劣化の一つである応力腐食割れ(Stress Corrosion Cracking:SCC)を予防するもので、海外の原子力発電所を対象にWJPが適用されるのは今回が初めてです。

【ウォータージェットピーニング工事の模様】
【ウォータージェットピーニング工事の模様】

 今回のWJP工事は、それぞれの原子力発電所を運転・管理する電力会社であるWolf Creek Nuclear Operating CorporationとAmeren Missouriから、当社の米国現地法人である三菱ニュークリア・エナジー・システムズ・インコーポレーテッド(Mitsubishi Nuclear Energy Systems, Inc.:MNES、当社が100%出資)を通じて受注したものです。

 SCCは、環境、材料、応力の3つの要因が重なることで発生する経年劣化事象ですが、WJPは、水中で高速水を噴射することで発生するキャビテーション(空洞現象)を利用して、原子炉容器の内表面に圧縮応力を与え、SCCを予防します。

 当社はすでにわが国のPWR21基に対しWJPを実施しており、その効果は実証済みです。

 当社はこれまで約40年にわたり原子力発電所の点検・保守の分野で豊富な実績・ノウハウを蓄積するとともに高度な技術・装置を開発してきました。今回の連続受注を足がかりとして、今後も、国内に加え海外においても、原子力プラントの安全・信頼・経済性の向上に向け積極的な役割を果たしていく考えです。

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 原子力事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る