ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME中高柴油機重工有限公司にKUガスエンジンの技術を供与

ページの本文です。
Press Information

2013年4月10日 発行 第 5342号

中高柴油機重工有限公司にKUガスエンジンの技術を供与
中国のガス分散電源市場でのシェア拡大を目指す

 三菱重工業は、中国の陸・舶用エンジンメーカーである中高柴油機重工有限公司(ZGPT Diesel Heavy Industry Co. Ltd.:以下、ZGPT)にKUガスエンジンの技術を供与することで合意し、4月10日、ライセンス契約を締結しました。成長を続ける同国でKUガスエンジンの一層の浸透をはかりながら、今後、需要の急拡大が期待されるガス分散電源市場でシェアを拡大していくのが狙いです。

【KU30GSIエンジン】
【KU30GSIエンジン】

 今回の契約の対象となったのは、出力4,450kWの14 KU30GSIガスエンジンで、同機種の事業が軌道に乗った段階で、対象機種を拡大していく予定です。

 中国では2020年までに5,000万kW規模の天然ガス分散電源設備を導入する計画ですが、設備については国産化を推進していることから、現地での生産が不可欠となっています。
 今回の契約締結は、KUガスエンジンの中国生産拠点を確保することで同国のガス分散電源市場への参入を目指す当社と、競争力のあるガスエンジンをラインナップに加えたいZGPTの思いが一致したことによるものです。

 ZGPTは2005年に設立された有力専業エンジンメーカーです。杭州に拠点を構え、陸・舶用中速ディーゼルエンジンの製造・販売・サービスを手掛けています。当社は2010年11月に同社に中速ディーゼルエンジンの技術をライセンス供与して、良好な関係を築いてきました。

 KUエンジンはクラス世界最高レベルの発電効率と高い環境性能を有する当社のベストセラー製品です。1986年の初号機投入以来、大規模工場の自家発電用やコージェネレーション、さらには独立系電力事業(IPP)プラントとして国内外で多数の実績を有しており、国内ではトップシェアを誇っています。

 当社は今後も、中国との良好な関係を維持・発展させ、中国市場で当社KUエンジンのシェアアップを実現していきます。

製品ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る