ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME伯方造船と1,000個積みコンテナ船の共同開発で提携

ページの本文です。
Press Information

2013年3月18日 発行 第 5331号

伯方造船と1,000個積みコンテナ船の共同開発で提携
韓国・高麗海運(KMTC)向けに2隻を受注

 三菱重工業は、伯方造船株式会社(愛媛県今治市)と1,000個積みコンテナ船の共同開発で提携、その第一弾として18日、韓国の高麗海運(KMTC:Korea Marine Transport Co., Ltd.)向け定期用船用に2隻を受注しました。燃費に優れた高性能・高品質・低コストの新型船づくりが協業の狙いです。両社は今後、フィーダーコンテナ船※の国際市場で優位な体制を築き、事業拡大をはかっていきます。 

 このコンテナ船は、当社が新船型の開発と概念設計を担当し、伯方造船が基本設計、詳細設計および建造を行い、2014年10月以降に順次就航する予定です。

 今回の受注は、三井物産株式会社の協力の下、当社と伯方造船との技術提携の成果として実現したものであり、標準的な1,000個積みコンテナ船に比べて優れた積載能力と燃費性能が用船者となるKMTCに評価されたものです。

 当社は、コンテナ船では豊富な建造実績を持つパイオニアであり、伯方造船も、1,000個積みクラスのフィーダーコンテナ船の建造では、その性能・品質において高い評価を得ています。
 当社は船舶・海洋事業の成長戦略として、高付加価値製品に特化するとともに、保有関連技術を国内外へ供与するエンジニアリング事業の強化に注力しています。伯方造船は、省エネ性能をはじめ先進的なコンテナ船関連技術の獲得を目指しています。今回の提携と受注はこうした両社の思いが一致したものです。

 今後、当社の技術開発力と、伯方造船がフィーダーコンテナ船で持つ高い建造技術や豊富な運航経験などを組み合わせることにより、国内外で高性能コンテナ船に対する需要を積極的に掘り起こしていきます。

※ フィーダーコンテナ船は、支線輸送用の小型コンテナ船。幹線航路を運航する大型コンテナ船では対応できない支線航路を運航し、国内の地方港-主要港間や近隣国間などのコンテナ輸送を担う。

製品ページ 担当窓口:交通・輸送ドメイン 船舶・海洋事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る