ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEカーエアコン事業専業会社設立のための準備会社を設立

ページの本文です。
Press Information

2012年9月27日 発行 第 5260号

カーエアコン事業専業会社設立のための準備会社を設立
2013年1月から営業を開始

 三菱重工業は、カーエアコン事業を専業とする新会社発足に向けた準備会社「MHIクライメートコントロール株式会社」を設立し、同社と27日、当社のカーエアコン事業を承継させるための吸収分割契約を締結した。同社はこの契約に基づき、2013年1月から当社冷熱事業本部の当該事業を承継するとともに、商号を変更して営業を開始する。厳しい市場環境の変化に即応する俊敏で強靭な事業体制を構築するのが狙いで、これにより、グローバルな事業展開を加速して、専業メーカーとの競争に勝ち抜いていく。

 MHIクライメートコントロールは、カーエアコンの開発・設計・製造から販売・サービスまでを一貫して手掛ける。本社は現在の冷熱事業本部(愛知県清須市)で、事業承継後の資本金は当社全額出資の10億円とする計画。社長には冷熱事業本部の副事業本部長である武田公温が就任した。

 営業開始時の従業員数は約300人。新興国での自動車産業の急速な拡大とそれに伴うカーエアコン製品の価格競争の激化などに迅速に対応していくとともに、今後の伸張が期待される電気自動車やハイブリッド車向け市場を重点的に攻略するなどして、3年後の売上600億円を目指す。

 カーエアコン事業は、国内自動車メーカーによる生産のグローバル化や新興国市場の急速な拡大に、円高基調の定着なども加わって、海外生産比率の拡大と一層のコスト競争力の強化が強く求められていた。今回の新会社設立はこのような課題に応えるもので、迅速かつ機動的な事業運営により、カーエアコン事業の更なる発展を目指す。

 当社は新会社と密接に連携、カーエアコン事業と他の冷熱製品とのシナジーを継続・強化するとともに、その事業展開を全面的に支援していく。

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る