ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEビーバーエアコン最高級モデル6機種を発売

ページの本文です。
Press Information

2012年9月26日 発行 第 5257号

ビーバーエアコン最高級モデル6機種を発売
ナノミストイオン発生機能や人感センサーを搭載、ハイブリッド加湿器とも連動運転

 三菱重工業は、家庭用ルームエアコン(ビーバーエアコン)の新シリーズSPシリーズ全6機種を、10月中旬から順次発売する。高APF(通年エネルギー消費効率)を達成した最高級モデルで、独自技術による美肌※1・美髪※2効果とウイルス・菌抑制※3効果の高いナノミストイオン発生機能を新たに搭載しているのが特長。また、別売の当社グループの三菱重工空調システム株式会社製ハイブリッド加熱気化式加湿器との連動運転機能と、人の動きをセンサーで検知して運転を自動制御する人感センサー機能を新たに採用しているのもポイント。

 SPシリーズ6機種の定格能力は2.2kWから5.6kWで、6~18畳の空調エリアに対応しており、価格はオープン。

 今回当社が新たに開発したナノミストイオン発生機能は、ナノミストとプラズマイオンを同時に放出し、美肌・美髪効果とウイルス・菌抑制効果を発揮するもの。
 空気中から捕集した水分を透湿膜に通して、直径が約10~40nm(ナノメートル:10億分の1メートル)と、通常の水蒸気(直径約6,000nm)と比べ非常に細かいミスト(ナノミスト)を放出するため、細胞への浸透力が高く、肌や髪の水分量を増加させ美肌・美髪効果を発揮する。また、空気中の水素と酸素にプラズマ放電を加えてつくり出すプラズマイオンは、部屋に漂うウイルスやニオイ、菌などを抑制する。冷暖房をしない時期でもナノミストイオンの単独運転が可能。

     

 9月から三菱重工空調システムが販売しているハイブリッド加熱気化式加湿器SHKシリーズ3機種との連動運転では、エアコンの湿度センサー検知情報に基づき、エアコンから加湿器に対して運転・停止を指示する信号を送信。その信号を受信した加湿器は設定湿度に基づき自動で運転・停止する。



 人感センサー機能は、人の動く量を検知して設定温度を自動調整するもので、冷え過ぎ暖め過ぎをセーブして省エネをアシストする。また、部屋に人がいないことを検知すると、冷房時は設定温度を上げ、暖房時は設定温度を下げてパワーを抑えた運転を行い、再び人の動きを検知すると初期設定温度に戻る。さらに、一定時間人がいないことを検知すれば自動停止する。人感センサー機能は、温度と湿度を検知し体感温度をコントロールするエコ運転との連動で快適性を維持しながら省エネ運転※4を行う。


【ほかにもいろいろ、SPシリーズの特長】

1. フィルター自動清掃でいつでもキレイ
 室内機内部のお手入れを軽減する「フィルター自動清掃」機能を搭載。前面パネルや抗菌仕様のダストボックス、ブラシは取り外して水洗いができる簡単構造で、約1年に1回※5のダストボックスのお手入れの時期は本体のフィルターランプが知らせる。そのほか、熱交換器に汚れが付着するのを防ぐ「清潔プレコート熱交フィン」や「抗菌ファン」、「内部クリーン運転」など、室内機がいつもキレイな状態で運転できるよう工夫している。
2.スピーディ&パワフルに部屋を快適にする「JET運転」&「ワープ運転」
 ジェットエンジンの翼形状設計に使われる解析技術CFD(数値流体力学)を風路設計に応用した「JET BODY」から送り出されるJET気流は、少ない電力で大風量を吹き出すことで、音や振動を抑えて遠くすみずみまで風を届けられる。また、ワープ運転は、すぐに部屋を冷やしたい、暖めたいというときに便利な機能。冷風・温風を吹き出して、エアコン周辺からすばやく快適空間へ“ワープ”する。航空機やロケットの製造も手掛ける当社ならではの先端テクノロジー。
3.16通りの「エリア空調」で気流を自在にコントロール
 部屋全体、中央、左奥、左手前、右奥、右手前のエリアを組み合わせた16パターンの中から、好みのエリアを選択して空調できる。左右独立のフラップ、ルーバーで気流をきめ細かくコントロールできるので、一人でも大勢でも、風に当たりたいときもそうでないときも、気流を上手に選んでムダのない空調ができるビーバー独自の気流コントロール。
4.暑過ぎを知らせる「ヒートアラーム」機能※6
 室内が高温・高湿の状態になるとエアコン本体の表示ランプが点滅して、エアコンの運転を推奨するヒートアラーム機能を搭載。
5.「見てみて機能」で運転状況を確認しながら節電促進
 見てみてボタンを押すと、現在の室内温度・湿度、室外温度に加えて電気代、エコレベルが確認でき、ユーザーの節電を促す。


  
【ビーバーエアコンSPシリーズ】


※1
【試験機関】 株式会社 総合医科学研究所 【試験方法】被験者を同一日の午前と午後に、ナノミストイオン運転ありの部屋(イオン濃度8.5万個)、ナノミストイオンなしの部屋に入れ、120分間安静状態で肌の水分変化を測定。室内温度 約25℃、湿度40~60%【試験対象】被験者8人(27~60歳女性)【試験結果】ナノミストイオン運転ありの場合、20分後と60分後に肌水分の上昇を確認。
美肌効果は、季節や環境(温度・湿度・使用時間)、個人によって異なる。
※2
【試験機関】 株式会社 サティス製薬 【試験方法】試験室6畳、室温20℃、湿度50%で、毛束にナノミストイオンを8時間連続照射(吹き出し口と毛束の距離20cm)したものと、自然放置した毛束との毛髪水分量を測定【試験結果】ナノミスト運転処理後の毛束に水分量の上昇を確認。
美髪効果は、季節や環境(温度・湿度・使用時間)、個人によって異なる。
※3
<ウイルス>【試験機関】NPO法人 バイオメディカルサイエンス研究会【試験方法】120Lの密閉容器内にナノミストイオンを発生させ、チャンバー内のウイルス浮遊空気を回収し、その感染価を測定【試験対象】浮遊ウイルス(1種類)【試験結果】3分間後で99%抑制。
<菌>【試験機関】一般財団法人 ボーケン品質評価機構 【試験方法】JIS Z 2801に準拠し、9L密閉容器内に試験菌液を滴下したフィルムを、ナノミストイオンを発生させながら24時間培養した場合の菌数の変化を測定【試験対象】菌(1種類)【試験結果】24時間後で99%抑制。
実使用空間における実証結果ではない。
※4
SRK40SP2を使い、当社環境試験室(洋室16畳)で測定。冷房運転時は外気温35℃、風量「自動」において、室温安定時1時間あたりの積算消費電力量を比較[エコ運転時]活動量1メッツ相当で195Wh[通常運転時] 設定温度28℃で303Wh。
暖房運転時は外気温7℃、風量「自動」において、室温安定時1時間あたりの積算消費電力量を比較[エコ運転時] 活動量2メッツ相当で181Wh[通常運転時] 設定温度20℃で357Wh。
使用状況、温度・湿度により効果は異なる。
※5
部屋の環境によりお手入れの頻度は異なる(当社調べ)。
※6
高温・高湿による身体への影響を防ぐ機能ではない。
新製品概要(SPシリーズ)
室内機形式 電 源 定格冷房能力 冷房時適用畳数 APF 発売時期
SRK22SP 100V 2.2kW 6畳 6.8 平成24年10月中旬
SRK25SP 100V 2.5kW 8畳 6.7 平成24年10月中旬
SRK28SP 100V 2.8kW 10畳 6.7 平成24年10月中旬
SRK36SP 100V 3.6kW 12畳 6.1 平成24年10月中旬
SRK40SP2 200V 4.0kW 14畳 6.1 平成24年10月下旬
SRK56SP2 200V 5.6kW 18畳 5.3 平成24年10月下旬

 
【ビーバーエアコン・ホームページ】
http://www.beaver.jp/

【お問い合わせ窓口】
三菱重工空調システム株式会社
営業企画グループ 03-5745-7760

 

製品ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  
担当窓口:三菱重工空調システム株式会社

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る