ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME原動機事業本部と汎用機・特車事業本部のエンジン事業を統合

ページの本文です。
Press Information

2012年9月12日 発行 第 5252号

原動機事業本部と汎用機・特車事業本部のエンジン事業を統合
ガス分散型発電事業、総合ソリューションビジネスを強化

 三菱重工業は10月1日付で、原動機事業本部が担当するエンジンのうち出力4,000~1万5,000kWの定置用エンジン事業と、汎用機・特車事業本部が担当する4,000kW以下のエンジン事業を統合する。

 エンジン事業は、世界的に分散型電源の需要が拡大しているほか、シェールガス開発の活発化によりガスエンジン市場の拡大が期待されている。そのため、海外市場攻略の加速やガスエンジン市場におけるアフターサービスの強化などが急務となっていた。

 今回の事業統合は、こうした市場の動向を睨んだもので、営業、開発、サービス面にリソースを集中することで、シナジー効果を最大限発揮させるのが狙い。具体的には、高出力・高効率なガスエンジンの開発をはじめとしたガス分散型発電事業の強化をはかるとともに、エネルギーソリューション組織を発足させ、最近のエネルギー市場動向に対応した総合ソリューションビジネスの展開を本格化する。これにより、エネルギーコストの削減、環境負荷低減、エネルギー関連設備対応などのシステムを提案・提供して、顧客の様々なニーズに応えていく。

 なお、統合後の事業は汎用機・特車事業本部が担当することとなるが、生産拠点・国内営業窓口は従来通りで変更はない。

 当社は、今回の統合に伴い、厳しい市場環境の変化に対応する俊敏で強靭な事業体制を構築、エンジン事業の更なる強化・拡大に取り組んでいく。

製品ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る