ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEインドの小型ディーゼルエンジン製造・販売会社MVDEに増資

ページの本文です。
Press Information

2012年4月24日 発行 第 5201号

インドの小型ディーゼルエンジン製造・販売会社MVDEに増資
急拡大する市場深耕へ財務体質を強化

 三菱重工業は、インドの耕運機・トラクターメーカーVTTL社(V.S.T. Tillers Tractors Ltd.)と合弁で運営する小型ディーゼルエンジン製造・販売会社MHI-VST Diesel Engines Pvt. Ltd.(MVDE)に対する増資を実施した。同国市場で当社ブランドへの認知度が高まってきたことを受け、大口商談にも対応できる強い財務体質を確保するとともに、製品のラインアップを拡充するのが狙い。これにより、急拡大している小型エンジンに対する需要を取り込んでいく。

 MVDEは2007年の設立で、インド南部カルナータカ州の古都マイソール(Mysore)に本社・工場を置く。設立当初からの資本金は4億1,500万インドルピー(約6億6,400万円:1インドルピー=1.6円で換算)で、出資比率は当社90%、VTTL社10%となっていた。今回の増資分は8億8,000万インドルピーで全額当社が出資。この結果、資本金は3倍強の12億9,500万インドルピー(約20億7,200万円)となり、当社の出資比率は約96.8%に達することとなった。

 同社は現在、当社からの技術供与で排気量2リットル未満のディーゼルエンジンを生産、インドおよび周辺地域へ販売している。インドでは農業機械および建設機械に対する需要が旺盛で、日系をはじめ外資系建機メーカーが相次いで進出している。同社も農機および建機搭載用エンジンの大口受注を獲得しており、年間生産量を現在の1万台から3万7,000台まで引き上げる。加えて現地調達率を拡大し、コスト競争力強化をはかる。

 合弁相手のVTTL社は、1967年の設立で、カルナータカ州都のベンガルール(Bengaluru)に本社・工場を置く。年間生産能力は、耕運機約2万5,000台、トラクター約5,000台、エンジン約3万2,000台。

 当社は今後、MVDEの取り扱い製品を大型エンジンやそれらを搭載した発電装置へと順次広げるとともに、営業から開発・設計・調達・生産・サービスまでの全機能をカバーできる体制を整えることにより、同社を日本、欧州、中国に続くエンジン事業の拠点に育成していく。

  
【MVDE 工場内】

 製品ページ

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る