ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME欧州のフォークリフト生産体制を再編

ページの本文です。
Press Information

2012年4月12日 発行 第 5197号

欧州のフォークリフト生産体制を再編
MCFEオランダ工場の生産をロックラー社などに移管し、生産能力最適化を実現

 三菱重工業は、欧州のフォークリフト生産体制を再編する。具体的には、当社の欧州事業会社である三菱キャタピラー・フォークリフト・ヨーロッパ(Mitsubishi Caterpillar Forklift Europe B.V.:MCFE、本社・オランダ)のオランダ工場で行っているバッテリー式フォークリフトの生産を、同社の連結子会社であるフィンランドのロックラー社(Rocla Oyj)に移管する。また、エンジン式フォークリフトは他の生産拠点からの輸出に切り替える。事業の一層の効率化と収益基盤の安定化をはかっていくのが狙いで、今後、関係機関の合意を得て実行していく。

 今回の再編は、ユーロ債務危機の深まりなどを背景とした欧州市場の伸び悩みに対応するもの。これにより、MCFEは今後、欧州フォークリフト事業全体の統括・管理と営業・アフターサービスを手掛け、欧州統括拠点としての役割を果たしていく。また、屋内物流機器メーカーであるロックラー社は、現地市場の主流となっているバッテリー式フォークリフトを新たに加えることで、スケールメリットによる競争力強化を追求していく。

 MCFEは1992年の設立。欧州、ロシア、中東、アフリカ向けに、これまでバッテリー式およびエンジン式の小型フォークリフトの生産・販売を手掛けてきた。
 ロックラー社は1942年設立の屋内物流機器メーカー。2008年にMCFEが買収した。

 当社のフォークリフト・物流機器事業はこれまで日米欧中の5つの生産拠点を中心に展開してきた。同事業全体の統括機能を持つ汎用機・特車事業本部本工場(神奈川県相模原市)を中心に、米国のMCFA(Mitsubishi Caterpillar Forklift America Inc.、ヒューストン市)、欧州のMCFE(アルメア市)、中国の三菱重工叉車(大連)有限公司(MFD、大連市)と、ロックラー社を加えた体制で、その年間生産能力は7万5,000台に達していた。
 今回の再編により、当社は、グローバルな顧客即応体制を維持しながら、為替リスクの回避とフレキシブルな生産融通を実現し、フォークリフトの世界シェア拡大を目指していく。

関連ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る