ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME小型空冷式ガソリンエンジン事業を三菱重工エンジンシステム(株)に移管

ページの本文です。
Press Information

2012年3月29日 発行 第 5191号

小型空冷式ガソリンエンジン事業を三菱重工エンジンシステム(株)に移管
スリムで俊敏な事業体制を構築

 三菱重工業は7月1日付で、小型空冷式ガソリンエンジン(メイキエンジン)事業を当社100%出資子会社である三菱重工エンジンシステム株式会社(以下、MES社、本社:東京都品川区)に移管する方針を決定した。汎用機・特車事業本部(神奈川県相模原市)の販売・サービス会社であるMES社に、小型空冷式ガソリンエンジン事業の製造と営業機能を集約するもので、これにより、厳しい市場環境の変化に対応したスリムで俊敏な事業体制を構築し、小型空冷式ガソリンエンジン事業の競争力強化をはかっていく。

 MES社は、当社の小型空冷式ガソリンエンジン事業を簡易吸収分割により承継する。対象となるのは、農業機械や発電機などに搭載する0.7~9.6kWの小型空冷式ガソリンエンジン事業で、MES社は同エンジンの製造から販売・サービスまでを一貫して手掛けることとなる。
 これにより、これまで以上に、顧客ニーズをダイレクトに製造部門へフィードバックする体制を構築、強力な営業を展開していく。

 次世代製品などの開発を担う設計業務は、これまで通り当社が担当する。電子制御技術の採用や電動化の進む市場の動きに総合力で対応していくためで、当社の事業本部・研究所を跨いだ技術的リソースを活用して次世代製品などの開発を進める。

 また、生産は、きめ細かな対応が要求される建設機械や農業機械搭載用機種については国内で生産し、低価格志向の強い汎用機種については中国で生産するなど、それぞれ市場の要求に即して生産拠点の棲み分けを進めていく。

 MES社は、ディーゼルおよびガスエンジン発電システム、産業用エンジン、舶用エンジン、過給機などの販売・サービス会社。設立は2006年。

 当社はMES社と密接に連携し、同社の事業展開を全面的に支援していく。

製品ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る