ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEインドに大型搬送機器の製造会社をアヌパム社と合弁で設立

ページの本文です。
Press Information

2011年11月10日 発行 第 5130号

インドに大型搬送機器の製造会社をアヌパム社と合弁で設立
アジア・中東・アフリカ市場もにらみコスト競争力を強化

 三菱重工業は、インドのアヌパム社(Anupam Industries Limited)と合弁で、港湾向けコンテナ取扱クレーンなど大型搬送機器の製造会社を同国に設立した。すでに同製品の当社技術を供与しているアヌパム社との協業体制を一層強化し、急速に成長するインド市場、さらにはアジア・中東・アフリカ市場の積極開拓に向けて、一層のコスト競争力強化を狙う。グジャラート州に構造体製作工場と組立工場の2工場を新設し、2012年前半から港湾向けコンテナ取扱クレーンの生産を開始する。生産能力は年間60台。

【コンテナクレーンとトランスファクレーン】
【コンテナクレーンとトランスファクレーン】

 新会社「アヌパム-MHI社(Anupam-MHI Industries Limited)」は資本金18億8,000万ルピーで、出資比率はアヌパム社51%、当社49%。アヌパム本社のあるインド北西部のグジャラート州アーナンド県に本社を構え、コンテナクレーンやアンローダーなどの港湾荷役設備、石炭などのばら荷を運ぶバルク搬送設備、および天井クレーンなど製鉄物流機器の営業、製作とアフターサービスに取り組む。社長にはアヌパム社側からメフル・パテル(Mehul Patel)氏が就任。

 アヌパム社はインドのクレーン最大手で、1973年の設立。製鉄所、発電所、造船所、化学肥料・石油化学プラントや重機工場に多様なクレーンを多数納入してきた実績を持つ。
 当社は2010年、アヌパム社と大型搬送機器の技術供与に関するライセンス契約を締結。当社が持つ製品開発や製造技術、設置工事などに関するエンジニアリングノウハウと、アヌパム社がインド国内に築いている生産基盤や営業・サービスネットワークを組み合わせ、共同で市場開拓に取り組んでおり、合弁会社の設立は提携当初から検討してきた。

 大型搬送機器市場は今後、国が港湾整備を成長戦略の一つに掲げるインドをはじめ、アジアや、中東、アフリカ、中南米の伸びが期待されている。当社はアヌパム社との合弁会社をグローバル市場対応力の強化に向けた製造拠点として活用し、積極的な営業展開を推し進めていく。

JV契約調印時の模様:メフル・パテル新社長(左)、烏田機械事業部長

【JV契約調印時の模様:メフル・パテル新社長(左)、烏田機械事業部長】

関連ニュース 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る