ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME業界初 ヒートポンプによる冷暖自在2室式陸上輸送用冷凍ユニットを開発

ページの本文です。
Press Information

2011年10月20日 発行 第 5119号

業界初 ヒートポンプによる冷暖自在2室式陸上輸送用冷凍ユニットを開発
効率的な熱移動で冷凍機燃費は最大75%減に

 三菱重工業は、陸上輸送用冷凍ユニット(通称:陸上レフユニット)で、温度設定の異なる2室の温度調節をすべてヒートポンプ運転で可能にした新モデルを開発した。ヒートポンプは、冷やしたい空間から暖めたい空間に効率よく熱を移せるため、コンプレッサーで発生する熱を加温に利用する従来型に比べ、加温能力が2倍超に向上し、最高効率時の冷凍機燃費は75%減と大幅な省エネ・CO2排出抑制を実現する。管理温度帯が異なる食品を1台で配送するトラック向けを中心に、2012年4月から販売する。

【陸上輸送用冷凍ユニット「TDJS35HP」】
【陸上輸送用冷凍ユニット「TDJS35HP」】

 この新モデル「TDJS35HP」シリーズは、トラックのメインエンジンで駆動する。当社独自の高効率な3Dスクロールコンプレッサー※の採用に加え、庫内に設置される2台の熱交換ユニットの冷媒が流れる方向を冷却運転と加熱運転で逆転させる独自の冷暖フリー回路を業界で初めて実用化。すべての運転条件でヒートポンプによる大能力かつ高効率な運転を実現した。これにより、外気温が-10℃~40℃の範囲内で前室を冷蔵の5℃、後室を米飯の管理温度帯である20℃に維持できる。定格暖房能力は5.7kW。

 主にコンビニエンスストア向けの配送トラックに採用され好評を博してきた従来の2室型(ホットガスバイパス式)「TDJ301DM」シリーズ(定格暖房能力2.5kW)に比べ、消費エネルギーは35%削減しながら、加温能力は130%増加するため、効率は3.5倍(冷凍機燃費70%減)を実現。さらに、従来型では、前室を冷却し後室を加温する場合は、いずれかを停止させながら交互運転する必要があったのに対して、新モデルは冷却側から加温側に熱を移す最も効率的な同時運転ができる。この結果、消費エネルギーは25%削減しながら、冷却能力は70%増、加温能力は380%増となるため、効率は4.3倍(冷凍機燃費75%減)、CO2削減率は75%に達する。

 物流業界では配送効率向上によるコスト低減を狙いに、1台の配送車で異温度帯の冷蔵・冷凍管理を低コストに行える陸上レフユニットに対するニーズが高まっている。新モデルでは、例えば2室に要冷蔵食品と弁当・おにぎり類を分けて搭載する場合、夏場と冬場は2室とも冷却または加温、春秋は冷却・加温の同時運転を実現。季節の外気温変化に応じた最高効率の運転により、物流業界の期待に応えることが可能となる。

 当社はこの冷蔵・加温同時運転が可能な新型陸上レフユニットを、国内総販売元である菱重コールドチェーン株式会社(社長:藤井 康雄、本社:東京都千代田区、三菱重工業が100%出資)とともに、27日(木)~29日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2011東京トラックショー」に出展し、商談を本格的にスタート。新モデルの高い省エネ性を強みに低温物流市場をさらに積極開拓することで、低炭素社会づくりに貢献していく。

※ 3Dスクロールコンプレッサーは、周(横)方向だけでなく、軸(高さ)方向にも圧縮する機構を持たせた三次元圧縮により、
  効率向上と小型・軽量化を実現して、大幅な省エネを達成している。

担当窓口:冷熱事業本部 輸送冷凍機部
販売元  :菱重コールドチェーン株式会社

 

製品ページ

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る