ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEエアバスA320neo搭載の次世代エンジンPW1100G-JMの国際共同開発事業に参画

ページの本文です。
Press Information

2011年9月28日 発行 第 5111号

エアバスA320neo搭載の次世代エンジンPW1100G-JMの国際共同開発事業に参画
P&W、JAEC、MTUは合弁事業会社設立へ

 三菱重工業は、欧州エアバス社が2015年の就航を目指す中小型民間輸送機A320neo搭載の次世代エンジンPW1100G-JMの開発事業に参画する。(財)日本航空機エンジン協会(JAEC)※が、米国プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney: P&W)、独MTUアエロエンジンズ(MTU Aero Engines Holding AG)と、PW1100G-JMを共同で開発することで合意したのを受けたもの。当社は燃焼器および燃焼器ケースの開発を担当する。事業参画シェアは全体の2.3%。

 P&W、JAEC、MTUは、PW1100G-JM開発のための事業会社を合弁で設立する方針。この3社・協会は、エアバス社の世界的ベストセラー機A320用エンジンV2500プログラムでも共同ビジネスパートナーであったが、今回、JAECはファン、低圧圧縮機、低圧シャフト、燃焼器の一部などシェア23%を、また、MTUは低圧タービン、高圧圧縮機の一部などシェア18%をそれぞれ担当。P&Wは高圧タービンなど残るすべての部位を担当する。

 A320neoは、A320ファミリーに優れた燃費効率と高い環境効率を持つ次世代エンジンを搭載する中小型民間輸送機で、2010年12月にエアバス社によってローンチされた。今回搭載されるPW1100G-JMは先進のギアシステムを採用したギアード・ターボファン(Geared Turbo Fan:GTF)エンジン。低圧圧縮機や低圧タービンとは異なる低い速度でファンを駆動するのが特徴で、先進複合材料の導入や最新の要素技術の採用などと相俟って、従来エンジンに対して2桁の燃費低減と排気ガス・騒音レベルの改善を実現する。

 当社および三菱航空機は現在、世界最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えた70~90席クラスの次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の開発を進めているが、MRJにも相似設計のGTFエンジンが採用されることが決まっている。

 当社は最大市場である中小型民間輸送機(100~229席クラス)用エンジン事業に継続投資することで、民間航空機エンジン事業の一層の拡大・充実に努めていく。

※JAECは、株式会社IHI、川崎重工業株式会社および当社の3社で構成される日本側事業主体で、30年にわたり民間航空機用エンジンの国際共同事業に携わっている。

 

製品ページ

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る