ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME航空自衛隊向け戦闘機F-2の最終号機を引き渡し

ページの本文です。
Press Information

2011年9月27日 発行 第 5109号

航空自衛隊向け戦闘機F-2の最終号機を引き渡し
名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場で完納式を開催

 三菱重工業は、航空自衛隊向け戦闘機F-2の最終号機を完成、27日に防衛省への引き渡しを行った。同戦闘機は日米両国の優れた技術を結集して共同開発したもの。2000年9月の量産初号機以来累計94機(試作機含め98機)が納入され、引き続き第一線での運用を通じて、幅広い防空任務を担っていく。

【F-2最終号機引渡し式典】
【F-2最終号機引渡し式典】

 名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場では同日、これを記念して完納式を開催。防衛省からは下条みつ防衛大臣政務官をはじめ多数が、当社からは大宮英明社長が出席した。

 F-2は、支援戦闘機F-1の後継機“FS-X(次期支援戦闘機)”として、米国の戦闘機F-16をベースに日本の運用構想、地理的条件などに適合するよう、当社が主契約社となって1988年度から開発を推進。1995年の試作機初飛行、1996年の試作初号機納入を経て、1996年度から生産されてきた。

 全長約16m、全幅約11m、全高約5mと、F-16より少し大きく、単座(F-2A)および複座(F-2B)がある。単発搭載のターボファンエンジンは、高い防空力を得るために大推力のものを採用するとともに、一体成形複合材構造主翼などの導入で機体軽量化をはかることにより、高い旋回性や加速性などを追求。また、高性能レーダーなど先進電子機器を採用し、長距離ASM(空対艦ミサイル)の搭載を可能とするなど、航空阻止、近接航空支援、海上航空支援その他の多様な運用にも柔軟に対応できる。

 当社はこれまで、航空自衛隊が運用する航空機では、国産F-1支援戦闘機の開発・生産、現在F-2とともに運用されているF-15J戦闘機のライセンス生産にも取り組んできているほか、哨戒、救難その他の各種ヘリコプターも手掛けている。当社は今後とも、最先端技術を駆使した防衛用航空機の開発・生産・運用支援に力を注ぎ、日本の安全保障に貢献していく。

 

製品ページ

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る