ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME酵素フィルターを採用した初の本格的自動車用空気清浄機を発売

ページの本文です。
Press Information

2010年11月25日 発行 第 5001号

酵素フィルターを採用した初の本格的自動車用空気清浄機を発売
“W除菌”でウイルス・浮遊菌を抑制、新型ウイルス・花粉対策にも威力

 三菱重工空調システム株式会社(社長:堀田 謙一、本社:東京都品川区西五反田7-25-5、三菱重工業が100%出資)は、自動車用空気清浄機を、11月25日から販売します。プラズマイオンによる噴出除菌※1と、BIO(バイオ)フィルターによる吸着除菌※2の“W除菌”、活性炭と電気集塵システム、プレフィルターにより、細菌やウイルス、ホコリ・花粉から臭いまで、効果を発揮できるのが特長。初の本格的な車載型空気清浄機として、拡販していく考えです。

【自動車用空気清浄機】
【自動車用空気清浄機】

 品揃えは2機種で、利用できる車内DC(直流)電源の電圧別に、乗用車・タクシー用「CTC015-12V」とトラック用「CTC015-24V」を用意しました。本体は“カマボコ型”で、高さ55×幅127×奥行168 mmとコンパクト。電源のシガーライターソケットから付属のカーアダプターでつなぎ、マジックテープや専用のシート取付用ベルトなどで、ダッシュボード上部やシート背面部など都合のよい場所を選んで自由に設置※3できます。

 本体後面から吸い込まれた空気は、4重構造のフィルターを順次通過。まず、プレフィルターが大きなゴミ、チリやホコリを除去した後、電気集塵フィルターが残ったチリやホコリ、花粉などを除きます。次に脱臭(活性炭)フィルターが、独自の「MSC活性炭」により、排気ガスやタバコなど臭いのもとを脱臭します。
 最後のW除菌では、BIOフィルターが細菌、カビ、ウイルス活動を、その細胞壁(タンパク質)に酵素で働きかけることにより抑制※2。クリーンになった空気とともにプラズマイオンが発生して前面から噴き出し、1cm3あたり150万個※4のイオン濃度で車内にただようウイルスや浮遊菌まで抑制※1します。新型ウイルス・花粉対策にも最適です。

 フィルター交換の目安は、プレフィルターとBIOフィルターが1年で、脱臭フィルターが6ヵ月。電気集塵フィルターは水洗い可能で交換の必要がありません。別売品として、交換用フィルターセットと、シート取付用ベルト、DC12VとDC24Vのカーアダプターも用意しています。

 

※ 1 =【試験機関】(財)北里環境科学センター【試験番号】北生発22-0022-1号
     【試験方法】1m3の試験ボックス内に本機を設置し、ウイルスを浮遊させ、本機をプラズマイオン運転し
          経時的にボックス内のウイルス数を測定【試験結果】60分後のウイルス99.86%除去。

※ 2 =【試験機関】(財)北里環境科学センター【試験番号】北環発21-0069号【試験方法】ウイルス液をBIOフィルター(5×5cm)に接種し、
          24時間後のウイルス感染価を測定【試験結果】24時間後のウイルス99.1%除去。

※ 3 = 車種によっては、設置面の形状などにより設置できない場所がある。
           シガーライターソケットの位置によりカーアダプターが届かない場合は、市販の延長アダプターを利用。

※ 4 = 本体噴き出し前方50cm、高さ70cmの地点

自動車用空気清浄機

【自動車用空気清掃機(内部構造)】

■自動車用空気清浄機の仕様概要

型  式 

CTC01512V

CTC01524V

適 用 車 種

乗用車

トラック

希望小売価格(税込)

23,100

26,250

電源(カーアダプター)

DC12V

DC24V

外 形 寸 法

高さ55×幅127×奥行168mm

消 費 電 力

3.6W

イオン適用容積(目安)

3.8m3(高さ1.0×幅1.5×奥行2.5m

質量(カーアダプター除く)

310g

付  属 

カーアダプター、マジックテープ

別  売  品
(カッコ内は希望小売価格)

交換用フィルターセット1年分(1,260円:税込)
シート取付用ベルト(630円:税込)

 

【お問い合わせ窓口】
三菱重工空調システム株式会社 営業企画グループ 電話03-5745-7760

 

 

関連ページ 担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る