ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME「国際原子力開発株式会社」の設立について

ページの本文です。

2010年10月15日

「国際原子力開発株式会社」の設立について
~原子力発電プロジェクトに関する提案活動を行う新会社の設立~

 電力9社(北海道電力株式会社、東北電力株式会社、東京電力株式会社、中部電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社、四国電力株式会社、九州電力株式会社)と、株式会社東芝、株式会社日立製作所、三菱重工業株式会社、および株式会社産業革新機構の13社は、このたび、原子力発電新規導入国において、原子力発電プロジェクトに関する提案活動を行う『国際原子力開発株式会社』(以下、国際原子力開発)を、10月22日に設立することといたしました。

 国際原子力開発は、原子力発電プロジェクトの受注を通じて、新規導入国での安全で信頼性の高い原子力発電の確立に貢献するべく、日本政府による制度整備や資金等に関する支援をいただきながら、わが国がこれまで培ってきた原子力発電所の建設、運転保守、人材育成等の技術・ノウハウを官民一体となって包括的に提案してまいります。

 今後は、当面の取り組みとして、経済産業省をはじめとした関係者とベトナム国ニントゥアン省で計画中の原子力発電プロジェクトの受注に向け、同国のニーズを踏まえた建設計画や人材育成計画等の提案などの具体的な活動を進めてまいります。

 なお、国際原子力開発の資本は2億円(資本準備金1億円を含む)、代表取締役社長には東京電力株式会社の武黒(たけくろ) 一郎(いちろう)フェローが就任する予定です。

 

別紙(PDF/152KB)PDF

担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 原子力事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る