ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMECSR調達推進に向け、資材調達先に対する取り組みガイドラインを制定

ページの本文です。
Press Information

2010年7月12日 発行 第 4961号

CSR調達推進に向け、資材調達先に対する取り組みガイドラインを制定
企業価値向上を目指し、人権や社会貢献などへの配慮を盛り込む

 三菱重工業は、CSR(企業の社会的責任)の観点を取り入れた資材調達を推進するため「三菱重工グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン」を制定した。これまで調達基準の柱に据えてきたQCD(品質・価格・納期)に加え、当社のCSR理念を反映させ、環境や人権・労働安全への配慮、地域・社会への貢献などに対する項目を盛り込んでいる。ビジネスパートナー(資材調達先)に対して、本ガイドラインに基づいた自主的な取り組みを要請する。当社は今後、グループ全体およびビジネスパートナーにガイドラインの浸透をはかることで、当社事業・製品のさらなる価値向上およびビジネスパートナーとの一層の関係強化を目指す。

 本ガイドラインは、全社の資材調達部門から選出されたメンバーが、「ものづくりを通じて地球と人類の持続可能な未来を実現する」という当社の理念をもとに意見を集約し、5項目にまとめた。5項目は「コンプライアンスの徹底と企業倫理の醸成」、「製品安全、QCDの確保と技術開発力の向上」に加え、「人権や労働安全への配慮」、「環境への配慮」、「地域・社会への貢献」で構成。社会から信頼される企業グループを目指し、サプライチェーンの上流におけるCSR推進活動を推し進めていく。

三菱重工グループサプライチェーンCSR推進ガイドライン

 当社は今後、本ガイドラインの浸透に向け、全社およびグループ会社、ビジネスパートナーへの説明会実施や当社ホームページを通じて、積極的に情報発信を行う予定。またビジネスパートナーとの意見交換等を通じて、ともにCSRに関する取り組みを進めていく。

 

担当窓口:資材部

 

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る