ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEインド・アヌパム社にクレーン・大型搬送機器の技術を供与

ページの本文です。
Press Information

2010年4月13日 発行 第 4928号

インド・アヌパム社にクレーン・大型搬送機器の技術を供与
合弁会社設立も視野にアジア・中東市場もにらむ

 三菱重工業は、インド最大のクレーンメーカーであるアヌパム社(ANUPAM INDUSTRIES LIMITED)に、大型港湾向けコンテナクレーンや大型搬送機器の技術を供与することで合意、12日、ライセンス契約に調印した。これにより、急速に成長するインド市場を取り込むのが狙いで、併せてアジア・中東・アフリカ市場も開拓していく。合弁会社の設立も視野に拡販を加速し、海外売上比率の大幅アップをはかる。

 ライセンスは当面、インド国内が対象。当社はアヌパム社に、コンテナクレーン、トランスファークレーンといった港湾クレーン、ローダー、アンローダーといったマテリアルハンドリングシステム、および製鉄物流機器に関する技術を供与する。
 将来はインドに合弁会社を設立して、さらに協業体制を強化していくことも検討中。また、協業地域も、アジア全域、中東、アフリカほかに順次拡大していく。

 アヌパム社は1973年の設立で、インド北西部のグジャラート州アーナンド県に本社を置く。製鉄所、発電所、建設現場、セメント工場、造船所、化学肥料・石油化学プラントや重機工場などに多様なクレーンを多数納入してきた。
 両社はすでに、インドにおいていくつかの有望商談を共同で進めている。

 インドは1990年代以降の経済自由化政策が奏功し、2005年から07年まで3年連続で9%台の経済成長を達成。その後世界的な経済危機に見舞われたものの、依然好調な経済が続いており、社会インフラの整備や産業の拡大に伴い、大型のクレーンや搬送機器に対する需要が増大している。
 当社の搬送システム関連売上高は、2009年度で約200億円で、うち海外比率は1割弱となっている。アヌパム社との協業により、将来的には急速な市場拡大が見込めるインドに生産拠点を設立し、アジア・中東・アフリカ向けの販路の拡大も検討していく。これにより、2012年度までにクレーン関係の海外売上比率を約5割まで引き上げることを目標に、積極的な営業展開を推し進める。

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る