ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEUAE・アブダビに駐在員事務所を開設

ページの本文です。
Press Information

2010年3月29日 発行 第 4917号

UAE・アブダビに駐在員事務所を開設
CCS-EORや次世代交通システムなど中心に現地密着で情報収集・営業活動

 三菱重工業は、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに駐在員事務所を開設、4月1日から業務を開始する。豊富な石油資源収入を背景に、大規模な再生可能エネルギーの開発や環境負荷の少ない社会基盤整備に取り組むアブダビで、商機の拡大を推し進めるのが狙い。当面、CO2回収・貯留(CCS)技術を活用した石油増進回収(EOR)や、次世代交通システムなどのプロジェクトを中心に、現地に密着した機動的な情報収集と営業活動の拠点として機能させていく。

 アブダビ駐在員事務所は、湾岸地域内における当社拠点としては、ドバイに次いで2番目となる。事務所はまず特別自由貿易地区(フリーゾーン)に設置し、将来はマスダール・シティ※1内に移転の予定。初代所長には機械・鉄構事業本部 UAE事業総合推進室長の渡辺欣哉が就任し、現地スタッフ2名とともに、日本からの出張部隊の支援を受けて活動を開始する。

 当社は昨年10月、アブダビ首長国を中心にUAE市場を開拓していくため、「UAE事業総合推進室」を機械・鉄構事業本部内に開設。アブダビが強力に推進している、環境に配慮した経済振興プログラム(Masdar Initiative)の推進、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の本部誘致※2に関連した都市基盤整備などで、当社としての貢献可能性および事業機会の拡大を追求している。
 この活動を円滑に進めるため、初期段階から現地定着型のアプローチを採用。アブダビ国内における当社のプレゼンスを高めるとともに、現地情勢・ニーズの素早い把握や、各種商談を通じた同国政府・公共団体などへの顧客対応力向上に取り組む。

 CCS-EORは、火力発電所などから放出される燃焼排ガス中のCO2を分離・回収し、油田(油層)に注入することで原油を効果的に回収する技術で、石油資源の豊富なアブダビに大きく貢献するもの。また、次世代交通システムの要となるITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)やLRT(Light-rail Transit:軽量軌道交通機関)、電気自動車(EV)関連設備・機器などの次世代交通インフラに加え、太陽光発電や風力発電などについても、従来以上の顧客とのコミュニケーション向上と商談の開拓を進めていく。 ※1 マスダール・シティ=アブダビ国際空港に隣接するフリーゾーン約6.5km2で、2008年2月から建設工事が進む、化石燃料などを原則使わない環境配慮都市で、2015年の完成を目指している。 ※2 国際再生可能エネルギー機関=再生可能エネルギーを世界規模で普及促進するための国際機関として、2009年1月にドイツのボンで設立会合が開かれ、同7月に本部をUAE・アブダビに置くことが決まった。日本など約140ヵ国が加盟している。

担当窓口:海外戦略本部

 

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る