ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEトランスカナダ・エナジー社からガスタービン発電機2基を受注

ページの本文です。
Press Information

2009年11月19日 発行 第 4875号

トランスカナダ・エナジー社からガスタービン発電機2基を受注
オンタリオ州のGTCC発電所向けに

 三菱重工業は、カナダのエネルギー企業トランスカナダ・エナジー社(TransCanada Energy Limited:TCE)から、ガスタービン発電機2基を受注した。TCEが同国オンタリオ州に建設するガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電所の中核をなすもので、納入は2011年中頃の予定。同発電所は2013年末に運転を開始し、オンタリオ州電力公社(Ontario Power Authority:OPA)に90万kWの電力を供給する。

 今回の天然ガス焚きGTCC発電所「オークビル火力発電所」は、オンタリオ湖岸でトロントの南西約30kmにあるオークビル市(Oakville)に立地。TCEが建設・所有・運営する発電設備として、OPAと20年間にわたる電力供給契約を結び、人口増加が著しく成長が急速な州南西部地域(大トロント圏)の旺盛な電力需要に応えていく。
 オンタリオ州政府は、温室効果ガス削減策の一環として、2014年をめどに石炭焚き火力発電設備の廃止を打ち出している。OPAの天然ガス焚きGTCC電源開発計画は、この政策に沿ったもの。

 GTCC発電設備はガスタービン、蒸気タービン、排熱回収ボイラー、発電機などで構成される。当社はこのうち「M501GAC形」ガスタービンを製作。発電機は三菱電機が手掛ける。これらを当社は、当社の子会社で原動機事業の米国拠点であるMitsubishi Power Systems Americas, Inc.(MPSA、フロリダ州)のカナダ子会社MPS Canada, Inc.(オンタリオ州)を通じて受注した。
 M501GACは、燃焼器の冷却を従来の蒸気冷却方式から、空気冷却方式に替えた改良型で、今回の受注が初めてとなる。

 TCEはトランスカナダ社(TransCanada Corporation)の100%子会社。トランスカナダ社はカルガリー市(アルバータ州)に本社を構え、カナダ西部で産出する天然ガスを約6万kmに及ぶパイプライン網で北米市場に供給するかたわら、天然ガスを利用した総発電出力1,100万kWに達する独立発電事業や、LNG(液化天然ガス)貯蔵事業を手掛けている。2008年12月期の売上高は約86億カナダドル。

 GTCC発電設備は、ガスタービンにより発電を行い、その排熱を利用して蒸気タービンでも発電することにより、エネルギーの高効率利用と温室効果ガスであるCO2排出削減を実現。省エネだけでなく、環境保全にも貢献できる。また、ガスタービン発電単独でも、石炭焚き発電に比べて大幅なCO2排出削減となる。
 当社はGTCC発電設備を国内外で多数納入し、技術・実績両面で広く市場の信頼を獲得している。今回の受注を弾みに、エネルギーの有効利用と環境負荷の低減に役立つGTCC発電設備や、ガスタービンの受注活動に一層力を注いでいく。

 

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 火力発電システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る