ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME高い省エネ性と小型軽量化・低騒音を実現

ページの本文です。
Press Information

2009年10月28日 発行 第 4868号

高い省エネ性と小型軽量化・低騒音を実現
サブエンジン駆動式陸上輸送用冷凍ユニット「TU100SA」発売

 三菱重工業は、サブエンジン駆動式の陸上輸送用冷凍ユニット(通称:陸上レフユニット)の大型車用モデルでロングセラー機のTUシリーズをフルモデルチェンジするため、今回「TU100SA」を開発、2010年5月より販売を開始する。
 全世界的な環境意識の高まりを受け、当社独自の3Dスクロールコンプレッサー※1やエコインジェクションシステム※2などの採用により、クラス最大の冷凍能力と高い省エネ性を両立し、併せて圧倒的な小型軽量化と低騒音を実現した。新型機は国内と、環境意識が高く冷凍輸送分野が発達している欧州で同時発売して、低温物流市場の環境配慮ニーズに対して積極的に提案を行い、さらなる市場開拓を行う。

【TU100SA】
【TU100SA】

 TU100SAは、既存機種の中温~低温用「TU73E」および低温~超低温用「TU73EZ」(-30℃を確保)の後継機種で、冷凍能力は1万500W(外気35℃/庫内0℃時)と、従来機(TU73EZ)比24%向上を実現。
 優れた冷凍性能で実績のある3Dスクロールコンプレッサーと、高いCOP(エネルギー消費効率)※3で低温域の能力発揮に優れたエコインジェクションシステムの相乗効果により、燃費・CO2排出量は従来機比35%減(庫内0℃時)を達成。大幅な省エネ・CO2排出抑制となる。加えて、冷媒充填量も4.3kgと同43%削減して、環境配慮性をさらに高めている。

   今回のフルモデルチェンジにより、TU100SAは外形寸法が幅1,589×高さ598×奥行き695mm、重量は507kgと、従来機に比べ、幅は415mm短くなり20%減、重量は64kg軽くなり11%減を達成、業界最小・最軽量化を実現した。国土交通省が本年10月から順次適用を始めた「自動車排出ガス規制の強化(ポスト新長期規制)」に伴い、トラックの新車は、排ガス対策の補器類が追加され冷凍ユニットの取付けスペースが狭小化する傾向にある。今回の大幅な小型化により、狭い取付けスペースにも容易に対応できるようになった。

 また、3Dスクロールコンプレッサーの特長である低振動・小さいトルク変動と、セレーション付鎌型翼プロペラファンを送風システムに採用したことにより、騒音値は69デシベル(dB)と、従来機比で9dB低下を実現。トラックターミナル近隣の宅地化などにより高まる騒音低減ニーズに応えた。

 当社はTU100SAを、菱重コールドチェーン株式会社※4と共に、29日(木)~31日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2009東京トラックショー」に出展し、商談を本格的にスタートする。新型機の高い省エネ性を武器に、市場の環境配慮ニーズに応え、低温物流市場のさらなる開拓・発展に寄与して行く。

※1:周(横)方向だけでなく、軸(高さ)方向にも圧縮する機構を持たせた三次元圧縮により、
      効率向上と小型・軽量化を実現して、大幅な省エネを達成した。
※2:圧縮途中の中間圧力部にガス冷媒を吸入するための吸入ポートを設けた圧縮機構。
   冷媒は中間圧力から圧縮を開始するため、低温低圧の吸入圧力から圧縮される一般的
   な圧縮よりも圧縮動力を低減できる。
※3:Coefficient of Performanceの略で成績係数。値が大きいほど省エネ性が高い。
   冷凍COP=冷凍能力(kW)÷冷凍消費電力(kW)で表される。
※4:当社100%出資の販売・据付・アフターサービスを担当する関連会社。
   全国に25ヵ所の直営サービスセンター、165ヵ所の指定サービス店を有し、
   圧倒的な販売・サービス網を構築、24時間体制で対応している。

担当窓口:冷熱事業本部 輸送冷凍機部
販売元:菱重コールドチェーン株式会社


製品ページ

担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る