ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME三菱みなとみらい技術館、入館者通算150万人を達成

ページの本文です。
Press Information

2009年8月18日 発行 第 4840号

三菱みなとみらい技術館、入館者通算150万人を達成
1994年6月の開館から15年、100万人から4年弱で

 三菱重工業が、地域の人々との交流と科学技術への関心を促進することを目指し、1994年6月横浜に開設した三菱みなとみらい技術館(館長 福原 由香)は14日、開館以来の入館者が通算150万人を突破した。150万人目の入館者となったのは、神奈川県相模原市在住の上鶴間小学校6年生金子晴菜さんで、福原館長から記念品が贈られた。

【入館者150万人を達成】
【入館者150万人を達成】

 150万人目となった金子さんに贈られたのは記念の花束と望遠鏡。また、150万人突破後の来館者全員には記念のオリジナルうちわが配られ、真夏のお祝いムードが盛り上がった。

 150万人達成まで15年間の入館者推移を振り返ると、開館から約6年半(2000年12月)で50万人、その後約5年(2005年11月)で100万人をそれぞれ達成。それから150万人達成までは4年弱と、来館者数はリピーターを含め着実に増加している。

 今年は横浜の開港150周年に当たり、横浜市では4月から地域を挙げての記念博覧会「開国博Y150」がスタート。当技術館もこれに連動して、9月27日(日)まで「三菱みなとみらい技術館開館15周年×横浜開港150周年記念特別展“±(プラスマイナス)150年の技術~エコみらいハウスへようこそ~”」を開催し、150年後のくらしをイメージした空想の家を中心に、様々な技術の変遷について紹介しており、夏休み期間中ということとも相まって連日にぎわいをみせている。

 三菱みなとみらい技術館は、三菱重工が手掛ける最先端の科学技術・製品を「環境・エネルギー」「宇宙」「海洋」「交通・輸送」「くらしの発見」と「技術探検」の6つの展示ゾーンに分け、実機・模型、パネルなどでわかりやすく紹介している。また、さまざまな乗り物の設計・製作・操縦を通してものづくりの一端にふれられる能動参加型ゾーン「トライアルスクエア」などもあり、子どもから大人まで楽しめる展示となっている。

 当技術館では、今回の入館者150万人達成を励みとして、さらに展示内容の充実をはかるとともに、地域社会との交流を深めていく。

▽ 三菱みなとみらい技術館

所在地   〒220−8401 横浜市西区みなとみらい3−3−1 三菱重工横浜ビル
電話     045−200−7351
FAX     045−200−9902
ホームページ http://www.mhi.co.jp/museum/
アクセス  みなとみらい線・みなとみらい駅より徒歩3分
       JR根岸線または横浜市営地下鉄・桜木町駅より徒歩8分
開館時間 10:00AM~5:30PM(ただし入館は4:30PMまで)
休館日   月曜日(祝日の場合は翌日)
       ※2009年9月7日(月)~9月11日(金)は特定休館日
入館料   一般300円、中・高校生200円、小学生100円
       ※小・中・高・大学生の校外学習・修学旅行等での来館は無料(要予約)

 テクノくん

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る