ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEUS-APWR原子力発電設備

ページの本文です。

2009年7月7日

三菱重工業
MNES
ルミナント
CPニュークリアパワー

US-APWR原子力発電設備
コマンチェピーク発電所建設に向けMOU調印

 三菱重工業は、米国の電力会社 ルミナントがコマンチェピーク原子力発電所で採用する最新型加圧水型軽水炉US-APWR 2基のプラント供給契約交渉を開始することで合意し、覚書(MOU)に調印した。両社はこれを受け、契約内容の精緻化に向けた詰めの作業に入る。また、プロジェクトのファイナンスに向けて日本貿易保険(NEXI)など日米の金融機関との協議も本格化する。

 プロジェクトは、テキサス州ダラス近郊のコマンチェピーク原子力発電所に新規プラント(3、4号機)を増設するもので、採用されるUS-APWRに関する米国原子力規制委員会(Nuclear Regulatory Commission:NRC)の各種審査が順調に進んでいることなどを受け、今回のMOU調印となった。
 なお、この調印には、両社の合弁会社であるComanche Peak Nuclear Power Company LLCおよび当社100%出資の米国現地法人であるMitsubishi Nuclear Energy Systems, Inc.(MNES)も加わっている。三菱商事もこのプロジェクトを支援する。

 当社のUS-APWRは2007年3月、ルミナントによる複数の原子力発電技術に対する評価の結果、選定された世界最大級の最新型PWR。電気出力170万kWで、1基あたりの発電容量は、テキサス州の平均家庭87万5,000世帯の電力消費に相当する。

 当社は数多くの原発機器を米国に輸出してきたが、2006年7月、ワシントンD.C.にMNESを設立してUS-APWRの販売活動を本格化。その後、ダラスやピッツバーグなど全米4ヵ所に現地事務所を設置して、米国政府、電力業界への対応を強化、人員体制も2009年度内には倍増させ、200人以上に拡充する予定。
 US-APWRの設計認証(DC)は、2008年2月にNRCに受理され、現在審査中。
 また、ルミナントも2008年9月に、コマンチェピーク3、4号機の建設運転一括許可(combined license:COL)をNRCに申請、同12月に受理されている。これにより、2011年12月までにNRCは審査を完了、その後、最終的なCOL認可が取得できる見込みとなっている。

 当社は1970年以来、国内23基のPWRプラントの建設実績があり、現在24基目のPWRを建設中。また、プラントの運転開始後も幅広くアフターサービスを提供している。

 ルミナントは、EFH(Energy Future Holdings Corp.)傘下の大手電力会社。原子力発電230万kW、石炭焚き火力発電580万kWなどテキサス州で約1,830万kWの発電能力を保有し、電力事業全般で強い競争力を持つ。また、鉱山事業(石炭)なども手掛ける。
 なお、EFHは、ダラスに本拠を置くエネルギー関連の持ち株会社で、テキサスを中心に数多くの公益事業会社を持つ。

 当社は今後も、ルミナントと密接に連携しつつ、コマンチェピーク3、4号機の建設に全力で取り組んでいく。

 

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 原子力事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る