ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME実用スケールの石炭焚き向けCCS実証試験に技術の提供を目指す

ページの本文です。
Press Information

2009年6月18日 発行 第 4825号

実用スケールの石炭焚き向けCCS実証試験に技術の提供を目指す
英国、E.ON-UKから基本設計を受注

 三菱重工業は、英国Foster Wheeler社と共同で、同国の電力会社、エーオン・UK(E.ON-UK)から、石炭焚き火力発電所向けCO2回収装置の基本設計(Pre-FEED)を受注した。E.ON-UKの新規160万kW超臨界炉を対象とした世界最大級の石炭焚き向けCO2回収・貯留(CCS)装置で、同社はこれを持って、英国政府が進める大規模なCCS実証プロジェクトに応札する。他の応札2企業との競争に同社が勝ち残れば、回収能力約200万トン/年という世界初の実用スケール級装置の技術を当社が提供することとなり、将来の能力増強も計画されている。

 今回のプロジェクトは英国エネルギー・気候変動省(Department of Energy and Climate Change)が主導している。応札企業はそれぞれ自社の発電所を対象とした計画でエントリーしているが、E.ON-UKは、同国で30年ぶりとなる新設の石炭火力設備(Kingsnorth発電所)にCCS装置を設置し、石炭焚き排ガスからCO2を分離・回収・圧縮して、石油会社Tullow社が運営・管理する廃ガス田に貯留する計画。その際の機器供給は、当社及びFoster Wheeler社などが担当する。

 応札企業の最終選考は2010年。それに先立ち、2009年に各企業グループはCCS装置の初期設計(FEED)を提出、これにより英国エネルギー・気候変動省は応札企業を絞り込む予定。

 当社のCO2回収技術は、関西電力と共同開発した特殊な吸収液(KS-1)を用いるKM-CDR(登録商標)と呼ばれるプロセスで、他の方式に比べエネルギー消費量が大幅に少ないのが特長。この優れたパフォーマンスが高く評価され、当社は、天然ガス焚き設備からのCO2回収ですでに商用プラント5基を納入、4基を設計・建設中で、業界トップの実績を誇っている。
 一方、不純物の多い石炭焚き設備からのCO2回収については、競争他社と同様、商用化には至っていないが、2006~08年には、国内で地球環境産業技術研究機構(RITE)と電源開発の協力を得て10トン/日規模の実証試験を実施、CO2回収の連続安定運転を実証している。

 当社は、技術難度がきわめて高い今回の石炭焚き火力を対象としたCCS実証プロジェクトへの参画を機に、石炭焚き向けCCS装置のスケールアップに対応する高い信頼性と経済性を確立し、温室効果ガスの削減に貢献するとともに、この分野の更なる事業拡大に繋げていく。

 

製品ページ   担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 化学プラント・社会インフラ事業部
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る