ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEロシアOPK社造船部門近代化に関するフィージビリティ・スタディへ参画

ページの本文です。

2009年4月27日

三菱重工業株式会社
日本郵船株式会社
三井物産株式会社

ロシアOPK社造船部門近代化に関するフィージビリティ・スタディへ参画

 三菱重工業株式会社(本社:東京都港区港南、社長:大宮英明)、日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、社長:工藤泰三)及び三井物産株式会社(本社:東京都千代田区大手町、社長:飯島彰己)(合わせて3社)は、このたびロシア多角化企業United Industrial Corporation(本社:ロシア連邦モスクワ市、以下OPK)と、OPK社傘下造船所での大型LNG船建造に向けたフィージビリティ・スタディを行う旨の関連合意書に調印致しました。

 3社は本フィージビリティ・スタディを通じて大型LNG船建造に向けたOPK社傘下造船所の近代化の検討を行い、同造船所と連携の上、ロシア向け新規LNGプロジェクトへの参画を目指します。

 3社は、今後益々の開発が想定されるロシアの資源・エネルギー分野を、造船、船舶保有・運航の観点から、重点分野の一つとして位置付けております。ロシアでは将来、大型のLNGプロジェクトを始め、資源・エネルギー関連の輸送分野の拡大が見込まれ、今回のロシアにおける造船所近代化支援をきっかけに、ロシア資源・エネルギー関連分野への積極的な参画を目指していきます。

 

担当窓口:交通・輸送ドメイン 船舶・海洋事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る