ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME世界最大・最高効率の「J形ガスタービン」開発完了、商用化へ

ページの本文です。
Press Information

2009年3月12日 発行 第 4805号

世界最大・最高効率の「J形ガスタービン」開発完了、商用化へ
“日本から発信する新世代ガスタービンJ形”で温暖化防止に貢献

 三菱重工業は、タービン入口温度1,600℃級で世界最大・最高効率の「J形ガスタービン」の開発を自社の独自技術により完了し、商用化に着手した。60Hz送電地域向けでは定格単機出力(ISOベース)約32万kW。排ガス熱発電を組み合せたコンバインドサイクル(CC)出力は約46万kWで世界最大容量、熱効率は世界最高水準の60%以上を目指す。2011年中の出荷案件からの商談に対応できる予定である。

 J形は、既存の1,500℃級G形に比べ100℃の温度上昇に耐えられるよう、遮熱コーティング(低伝導率TBC=Thermal Barrier Coating)技術と冷却効率を改善。改良型三次元設計の採用により空力性能も改善した。具体的には、圧縮機は圧力比を高めた設計とし、燃焼器はG形で開発した蒸気冷却技術を応用。タービン部はG形の設計をベースに、1,700℃級ガスタービン要素技術の開発を目指す国家プロジェクト※における研究成果のうち、これまでに実用化のめどが立った技術を採用している。
 CCで発電端熱効率60%以上(低位発熱量)は現状世界最高レベル。また、容量でも単機出力で従来の最大容量機であるG形を使ったCCの1.2倍に達するだけでなく、窒素酸化物(NOx)の発生も従来と同等に抑え、地球環境にも配慮されている。

 当社は、兵庫県高砂市の高砂研究所、高砂製作所に置いた開発部門、設計部門、工作部門、試験設備でガスタービンの開発設計から実証、製造までを一貫して手掛けている。同製作所敷地内にはCC実証設備を持ち、そこで大型ガスタービンおよび大型ガスタービン要素技術の実証を入念に行い、商用化に結び付けてきた。
 現時点での最新鋭機であり、全世界で活躍しているG形は、こうした堅実な実証プロセスを通して設計・開発したもの。国内外で62基の販売実績があり、シリーズとしての累積運転時間は70万時間を超える。

 当社はガスタービンのさらなる高温高効率化技術の開発に力を注いでおり、1,700℃級国家プロジェクトに参画。この高度技術を適用し、新しい商用機の開発を進めてきた。
 ガスタービンにより発電を行い、その排熱を利用して蒸気タービンでも発電するCCは、発電効率が大幅に向上するために、温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に低減することが可能で、環境負荷が低い。J形CCは、従来型石炭火力発電に比べ約50%(当社機比)のCO2削減が可能であり、この“日本から発信する新世代ガスタービンJ形”による地球温暖化防止への貢献に期待がかかる。

※ 2002年に制定された「エネルギー政策基本法」に基づき2003年に閣議決定された「エネルギー基本計画」を受け、経済産業省では2004年度から電力産業用高効率ガスタービンの技術開発を進めており、1,700℃級ガスタービンでは2007年度までは要素技術、2008年度からは実用化技術の開発をテーマに、補助事業を行っている。

関連ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 火力発電システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る