ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEベトナムの石油化学会社向けCO2回収技術を供与

ページの本文です。
Press Information

2009年2月4日 発行 第 4789号

ベトナムの石油化学会社向けCO2回収技術を供与
累計9件目の受注

 三菱重工業は、ベトナムの石油化学会社であるペトロベトナム化学肥料総公社(Petrovietnam Fertilizer and Chemicals Corporation:PVFCCo)の尿素肥料製造プラント向けに二酸化炭素(CO2)回収技術を供与する。同社がホーチミン市郊外のフーミーに持つ既設肥料プラントの尿素増産を目的とするもので、EPC(設備一括請負)コントラクターである韓国のサムソン・エンジニアリング社(Samsung Engineering Co., Ltd.)が当社独自の化学プロセス(KM-CDR)を用いて建設する。CO2回収能力は240トン/日、完成は2011年初頭の予定。

今回供与するのは、独自の特殊吸収液(KS-1)を用いて、天然ガスを燃料とする尿素肥料製造の工程で放出される燃焼排ガスからCO2を分離・回収、アンモニアと合成して尿素の増産をはかる技術。具体的には、現在1,350トン/日のアンモニアと2,200トン/日の尿素を生産するフーミーのガス・電力複合施設内の肥料プラントにCO2回収プラントを追加設置し、回収した純度99%のCO2を活用することにより、肥料プラントの年間尿素生産量を約6万トン増加させる。排ガスからのCO2回収率は約9割で、環境保全や省エネルギーにも大きく貢献する。

 PVFCCoは、ベトナム国営石油・ガス公社(Petrovietnam)傘下の石油化学会社。肥料、液体アンモニア、工業ガスなど多様な化学製品の製造・販売・サービスなどを手掛ける。

 当社のCO2回収技術は、関西電力と共同で開発したもので、他の方式に比べエネルギー消費量が大幅に少ないのが特長。また、設置や保守・点検も容易で、運用コストを低く抑えることができる。海外ではマレーシアの尿素肥料工場に納入したCO2回収プラント初号機(1999年稼動)を皮切りに、インド、アラブ首長国連邦、バーレーンなど向けに、国内向けと合わせてすでに8件のプラント受注もしくは技術供与を行っている。今回の技術供与はこれらの実績が高く評価されたもので、ベトナム向けは今回が初めて。

CO2回収技術は、尿素肥料/メタノールのほか、ディメチルエーテル(DME)などの化学用途、さらには、火力発電所などから発生するCO2の回収・貯留(CCS)や、生産性が落ちた油層にCO2を圧入して生産増加をはかる原油増進回収(EOR)などに利用が可能。 このうち、CCSは、地球温暖化対策の切り札の一つとして、また、EORは、原油価格の不安定な動向などを背景に世界的な関心を集め、今後、大きな成長が期待される市場となっている。当社は、今回のような化学的利用分野はもちろん、CCSやEORの分野に対しても積極的にアプローチしていく。

 

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 化学プラント・社会インフラ事業部
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る