ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME英国ロールス・ロイス社の「Trent XWB」エンジン開発事業に参画

ページの本文です。
Press Information

2009年1月20日 発行 第 4781号

英国ロールス・ロイス社の「Trent XWB」エンジン開発事業に参画
エアバス社の次期民間航空機「A350XWB」向け

 三菱重工業は、英国ロールス・ロイス社(社長:Sir John Rose)がエアバス社の次期主力民間航空機「A350XWB」向けに手掛ける新型ジェットエンジン「Trent XWB」の開発事業にリスク&レベニューシェアリングパートナー(RRSP)として参画する。当社は、燃焼器部品と低圧タービン動翼を中心とした開発・製造を担当する。

 新型ジェットエンジンTrent XWBは、高推力で定評のあるロールス・ロイス社のTrentエンジン・シリーズの最新タイプ。同社独自の3軸構造設計を継承、燃費効率を高めて、騒音や排気ガスの低減を実現する高バイパスエンジンで、推力は74,000~92,000ポンド。エアバス社が現在、A350XWB用として搭載を決めているのは唯一このエンジンのみ。

 当社は、ロールス・ロイス社とはV2500エンジン事業で協力関係にあるほか、同社がボーイング社の次期民間航空機787向けに供給するTrent 1000エンジン事業へもRRSPとして参画している。
 今回、Trent 1000に続きTrent XWBエンジン事業に設計初期から参画することは、当社にとって、ジェットエンジンの中核技術の国際競争力強化をはかる絶好の機会となるだけでなく、大型ジェットエンジン市場を幅広くカバーすることとなり、大きな意義を持つ。

 エアバス社のA350XWBは座席数270~350席の次世代タイプの中大型旅客機。2013年就航の予定で、同社はすでに世界のエアラインなど29社から470機以上の受注を獲得している。

 民間航空機エンジンの開発・製造で当社は、国際共同開発エンジンであるV2500、ロールス・ロイス社のTrent1000のほか、プラット&ホイットニー社(P&W)のPW4000、PW6000、JT8D-200などの事業に参画しているが、今回新たにTrent XWBに参画するのを機に、民間航空機エンジン事業の一層の拡大・充実に努めていく。

 

関連ページ

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る