ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOME米マイアミ国際空港向けに全自動無人運転車両システム(APM)を受注

ページの本文です。
Press Information

2008年10月2日 発行 第 4747号

米マイアミ国際空港向けに全自動無人運転車両システム(APM)を受注
1999年に続く第2弾、米国で4件目

 三菱重工業は、住友商事株式会社の協力を得て、米国企業2社※と共同で、マイアミ国際空港向けに全自動無人運転車両システム(APM:Automated People Mover)を受注した。契約金額は土木工事も含めて約274億円(約2.6億米ドル)で、完成は2011年9月を予定。米国向けのAPM受注は4件目で、マイアミ空港向けは1999年に受注した北ターミナル線に続き第2弾となる。

【全自動無人運転車両システム】
【全自動無人運転車両システム】

 今回受注したのは、マイアミ国際空港ターミナルと空港近隣の複合交通施設(レンタカー施設、通勤鉄道駅を含む)を結ぶ全長約2kmのAPMで、土木工事と車両システム一式。さらにオプションとして最大15年間の運行・保守業務についても受注を見込んでいる。
 同空港とその周辺施設の利用者数の増加に応え、空港-レンタカー施設・通勤鉄道駅間の旅客移動手段を従来のバスシステムから、無人運転で軌道を走る車両システムに切り替える。APMはゴムタイヤ走行方式を採用しているため、運行が滑らかで乗り心地が良く、低騒音・安全を特長とする。

 米国内におけるAPM受注は、マイアミ国際空港北ターミナル線、ワシントン・ダレス国際空港、アトランタ国際空港の3件に続くものとなる。

 米国以外でも香港国際空港向け、シンガポール・チャンギ国際空港向け、韓国・仁川国際空港向け、ドバイ国際空港向け等を受注しており、稼働済みシステムの好調な運転実績とあわせ、本業界のトップを争うポジションを確立している。

 これら豊富な実績と、車両や信号を含めたシステム全体を取りまとめる総合的な技術力が高く評価され、本件の受注につながった。

 今回の受注により米国における基盤を一層強化すると共に、世界各国の主要空港で計画中のAPM導入案件に積極的に乗り出し、受注拡大を目指していく。

 ※ 米国企業2社
    Odebrecht Construction, Inc.
         ブラジル最大のゼネコンOdebrecht社の米国法人
          (本社:フロリダ州マイアミ、社長:Gilberto Neves)。
    Parsons Corporation
         米国大手コンサルティング会社
          (本社:カリフォルニア州パサディナ、社長:John A. Scott)。

 

製品ページ   担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 化学プラント・社会インフラ事業部
担当窓口:交通・輸送ドメイン 交通システム事業部
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る