ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEエジプトの西部デルタ発電会社から蒸気タービン2基を受注

ページの本文です。
Press Information

2008年9月16日 発行 第 4740号

エジプトの西部デルタ発電会社から蒸気タービン2基を受注
アレキサンドリア近郊の火力発電所向けに総出力130万kW

 三菱重工業は、豊田通商と共同で、エジプトの西部デルタ発電会社(West Delta Electricity Production Company:WDEPC)から、同国の従来型火力発電向けでは最大規模となる65万kWの蒸気タービン発電設備2基、総出力130万kWを受注した。アレキサンドリア市近郊にあるWDEPCの天然ガス/重油焚き火力発電所に増設される。ナイル川デルタ(三角州)地域の旺盛な電力需要に応えるのが狙い。運転開始はそれぞれ2012年の5月と9月を予定する。

 WDEPCは地域発電会社を統括するエジプト電力公社(Egyptian Electricity Holding Company:EEHC)傘下の政府系電力会社。増設対象の発電所は、エジプト第2の都市アレキサンドリア市から20kmの、地中海に面したアブキール(Abu Qir)に立地する。今回受注した蒸気発電設備のうち、タービンの製作・据付けと取りまとめを当社長崎造船所が担当し、発電機は三菱電機が供給する。ボイラー、その他の電気・機械関連品および土建工事は、同国の政府系コンサルタントPGESCo(Power Generation Engineering&Service Company)が取りまとめ別途発注される。

 当社はWDEPCから、2003年にヌバリア(Nubaria)ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電所向け蒸気タービン設備2基、2007年にシディクリル(Sidi Krir)GTCC発電所向けガスタービン2基を受注。蒸気タービン設備については、昨年、同じくEEHC傘下のカイロ発電会社(Cairo Electricity Production Company:CEPC)から受注したカイロ・ウェスト(Cairo West)火力発電所向けの蒸気タービンに続く連続受注となる。今回の成約は2000年以降、EEHC傘下の地域発電会社よりガスタービン設備を合計6台、蒸気タービン設備を合計4台受注してきた実績が高く評価されたことによる。

 経済改革を実施中のエジプトは、2000年代初頭の景気低迷を脱出し、実質GDP(国内総生産)伸び率が2006年度6.9%、2007年度7.1%と高い数字を示すなど、着実な経済回復軌道を歩んでいる。それに伴い、増加する電力需要に対応するための発電プラントの建設・増強が多数計画されている。当社は今回の受注をさらなる弾みとして、蒸気タービン設備やガスタービン設備をはじめとする同国の発電所建設関連商談に、積極的なアプローチを展開していく。

 

担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 火力発電システム事業部

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る