ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ

HOMEノルウェーのGTCC発電所にCO2回収設備

ページの本文です。
Press Information

2008年8月20日 発行 第 4732号

ノルウェーのGTCC発電所にCO2回収設備
世界最大規模3,000トン/日の初期設計を受注

 三菱重工業は、ノルウェー国営のガスノバ(Gassnova)社から、火力発電所に設置する世界最大規模の二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)設備の初期設計(FEED)を受注した。同国南西沿岸のカルスト(Karsto)に立地する、出力42万kWの液化石油ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電向け。FEEDが承認されれば本工事の入札資格が与えられる。他の選定企業2社と、回収能力約3,000トン/日の回収設備について、回収技術、性能、建設・運営コストを競い、本工事の受注を目指す。

 CCS設備は、CO2回収能力数百トン/日クラスのものが米国などで稼働しているが、今回の設備はその10倍規模。有力な地球温暖化抑制技術の一つとして期待されている。

 ガスノバ社はノルウェー政府により、温暖化防止に向けCO2回収・輸送・貯留に関する技術開発を推進していく目的で設立された。CCS設備を設置するGTCC発電所は、首都オスロの西に位置する。

 燃焼排ガス中のCO2を特殊な吸収液(KS-1)と蒸気で分離回収する当社の技術は、他の技術に比べて少ない消費エネルギーで済むのが特長。当社は1999年にマレーシアへ初号機を納めたのを皮切りにインド、アラブ首長国連邦、バーレーン、パキスタンに回収技術を供与している。

 CO2回収設備はCCS向けに加え、原油価格の高騰に伴い回収CO2を油田に注入することで原油回収率を向上させる原油増進回収(Enhanced Oil Recovery=EOR)向けでも、急速にニーズが高まっている。当社は、今回のようなCCS用途はもちろん、このEOR分野に対しても、積極的にアプローチしていく。

 

製品ページ 担当窓口:エネルギー・環境ドメイン 化学プラント・社会インフラ事業部
担当窓口:機械・設備システムドメイン  

以  上

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る